水にまつわる不可解な現象が続く部屋

水

 

これは、知り合いの松野さん(仮名)から聞いた話。

 

松野さんは今から20年ほど前に、とある木造アパートへ引っ越した。

 

そして入居から数日後のある朝、目が覚めると布団がぐっしょり濡れていた。

 

「いい歳して寝小便か・・・」

 

情けなく思いながら確かめるも、寝間着は濡れていない。

 

夜中に雨が降って窓から吹き込んだのかと思ったが、雨が降った形跡はなかった。

 

またある日のこと、いつものようにトイレで用を足してレバーを回すが、水が流れない。

 

何度試しても水は流れず、近くに住む大家さんに来てもらうことにした。

 

「何回やっても流れないんですよ」

 

試しに大家さんがレバーを回すと、あっさり水は流れた。

 

調子が悪いこともあるだろうと、その時はそれで終わった。

 

だが、その後も松野さんがやると水が流れないが大家さんがやると1回で流れる、ということが度々あった。

 

またある日のこと、松野さんは服を取り出そうとタンスの引き出しを引いた。

 

「あっ」

 

3段目を引いたところ、中が水で満たされていた。

 

そのタンスは5段式の何の変哲もない木製のタンス。

 

なんじゃこりゃと取り出したセーターは、絞ってみたら水がダダ漏れるほどに濡れていた。

 

おかしいと思って1段目2段目と見ていくが、まったく異常はない。

 

そして4段目を開けたところ、そこにも異常は見られなかった。

 

衣類から滴るほど浸水しているのなら、底を伝って4段目が濡れていてもおかしくはないのに、5段ある引き出しの中で水浸しなのは3段目だけだった。

 

気味が悪くなった松野さんは、大家さんにその話をした。

 

「何かいわくつきなんじゃないんですか?」と問いただすが、大家さんにはまったく心当たりがないらしく、事故物件でもないらしかった。

 

結局、その部屋に引っ越して間もなかったが、気味が悪くなった松野さんは部屋を引き払うことにした。

 

大家さんもトイレの件など色々と相談されていた為、違約金は請求しなかった。

 

その後、松野さんはその話を友人の加藤さん(仮名)に話した。

 

そういう類の話をまったく信じない加藤さんは一笑し、「それならあなたの代わりに私が住んでみる」と、本当にその部屋に住み始めた。

 

しかし結果は松野さんと同じで、加藤さんもすぐに部屋を引き払うことになった。

 

松野さんが言っていたように、トイレの水が流れないなど、とにかく『水』に関する不可解な出来事が次々と起こった。

 

余談になるが、松野さんは霊感が強いらしく、霊の目撃や体験談をいくつか聞いたことはあるが、上記の話が一番印象に残っている。

 

とにかく水に何かがあるのだろうが、よくわからないだけにほんのりと怖かった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ