不倫の末に捨てられた妹

俺の友人の話。

 

そいつには、

 

東京で一人暮らししてる

妹がいたんだけど、

 

ある日から連絡が

ぷっつり途絶えたらしい。

 

まぁ、

その妹も社会人だし、

 

気にはなったけど、

そのまま放っておいたらしい。

 

ところが、

 

しばらくして

東京の警察から電話があり、

 

妹が自殺したことを

知らされたんだ。

 

遺書によると、

 

職場の上司と

不倫関係にあった妹が、

 

妊娠した上で捨てられた、

とのこと。

 

友人は、そりゃひどく怒って、

その上司に会いに上京した。

 

妹の遺影と御骨を持って。

 

まず、

妹の勤め先に行って、

 

その上司を呼んでもらおう

としたんだが、

 

駄目だった。

 

そいつは既に会社を

辞めていたんだ。

 

詳しい事情は

社の風評にも関わるから、

 

と聞けずじまいだった。

 

だけど、運良く、

妹の同僚に会えたので、

 

無理に頼み込んで

 

問題の上司の自宅の住所を

調べて もらった友人は、

 

そいつの自宅に直接、

乗り込んでいった。

 

インターホンを鳴らしても、

応答なし。

 

玄関のドアを

しつこいくらいにノックして、

 

ようやく問題の上司が

出て来たので、

 

自分の素性と

来訪目的を告げた。

 

友人は、

 

床に手をついて遺影に謝れ、

と強い口調で詰め寄ったが、

 

男のリアクションが

イマイチ鈍い。

 

そこで腹を立てた友人は、

 

幾らか脅した方がいいかと思い、

咄嗟にこんなことを言った。

 

「妹を何だと思ってるんだ。

 

あいつは毎晩、

 

俺の枕元に来ては

泣いているんだぞ。

 

お前が謝らなきゃ、

成仏出来ないんだ!」

 

しかし、男の方は、

 

疲れたような表情で

苦笑すると、

 

友人に言い返した。

 

「そんな訳ないだろう。

 

それは思い過ごしだろうし、

謝ったって無駄だ」

 

開き直りか?

 

そう思った友人は、

さらに言い募った。

 

「無駄とはなんだ!

 

お前が謝れば、

あいつも成仏出来るんだぞ!」

 

男は、そんな友人を、

 

相変わらず疲れたような表情で

見返して言った。

 

「無駄なんだ。

 

いくら謝っても

彼女は許してくれない。

 

今もすぐ傍で、

私の方を睨んでいるんだ。

 

私が死ぬまで

呪い続けるつもりだそうだよ・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ