憧れた電車の運転手を辞めた理由

 

俺の友人Sが体験した話です。

 

Sは昔から大の鉄道好きで、

 

高校で知り合った頃から

将来は電車の運転手になるのだ、

 

と言っていました。

 

高校卒業後は、

あまり会うこともありませんでしたが、

 

数年経って、

 

他の友人からSが望み通り、

運転手になったと聞きました。

 

それからさらに数年後、

 

高校の同窓会があり、

久しぶりにSと再会しました。

 

「念願の運転手になれて良かったな、

仕事は楽しいか?」

 

と聞くと、

Sは俯いて黙ってしまいました。

 

「どうした、嫌な上司でもいたか?」

 

と、さらに聞くとSは小声で、

 

「俺さ、もう辞めたんだ。

電車はもう好きでもない」

 

と言いました。

 

「なんだ、

あれだけ夢見てたのに。

 

客とトラブルでもあったか?

酔っ払いにでも絡まれたか?」

 

昔のSは三度のメシより鉄道!

みたいな感じだったので、

 

何事かと思いました。

 

「いや、

そんなトラブルならいいんだよ。

 

なんとも思わない。

 

・・・けど、

アレはダメだった

 

「なんだ?何があったんだよ」

 

話しづらい事かとも思いましたが、

気になったので聞いてみました。

 

するとSは、

 

運転手になってから体験したことを

話してくれました。

 

ある日、

 

Sがいつも通りの運行で

駅に向かっていると、

 

駅で誰かが緊急停止のボタンを

押したらしく、

 

Sは慌てて電車を止めました。

 

駅に差し掛かるところで

電車は止まりましたが、

 

駅の中ほど、

 

線路の上を見て、

Sは驚きました。

 

線路の上に浮浪者が

横になっていました。

 

どうやら、

 

自殺しようとレールを枕にして

横になっていた浮浪者は、

 

ただちに職員に起こされましたが、

 

その際、駅のホームにいた

見知らぬお婆さんがSに向かって、

 

「止めるな!轢け!轢けー!!」

 

と叫んでいたそうです。

 

これも確かに嫌な出来事ですが、

 

Sが辞めることを決定付けた事は

他にありました。

 

別の日、

Sが電車を走らせていると、

 

突然ひどい耳鳴りに

襲われたそうです。

 

ちょっと気分が悪いな・・・

と思っていた時、

 

それは起こりました。

 

線路の遥か前方に、

人影のようなものが見えました。

 

それは段々と大きくなっていき、

Sはそれが何であるか理解しました。

 

しかし、分かった時には

もう手遅れでした。

 

それは、

ランニング姿の若い男が、

 

線路の上を電車に向かって

走ってくる姿でした。

 

男は両手を挙げ、

 

満面の笑みで電車に

突っ込んできました。

 

衝突の瞬間、

 

訳の分からない奇声を発しながら

男は前方にジャンプし、

 

まるで自分に飛び掛ろうと

したように見えた、

 

とSは言っていました。

 

男はずっとSの目を見つめており、

Sも何故か目を背けられなかった、とも。

 

あまりの事にブレーキすら出来ず、

 

電車とまともに衝突した男は、

バラバラに吹き飛んだそうです。

 

その時の有り様は、

言葉には出来ないようでした。

 

他にも人身事故は

多数あったようですが、

 

ランニング姿の男の件で

Sは参ってしまい、

 

仕事を辞めることにしたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ