金縛りに遭ってる時に見たもの

これは、某合戦場跡地を旅行した

3日後に体験した話です。

 

リビングで寝ていたら、

夜中にふと目が覚めました。

 

時計を見ると、

2時くらいだったと思います。

 

「なんや、まだこんな時間か」

 

と、再び寝ようとすると、

違和感を感じました。

 

首から上と指先が少し動くくらいで、

体が全く動かないのです。

 

声を出そうにも、喉から出るのは

ひゅーひゅーという音だけ。

 

「これが金縛りかぁ~」

 

とか呑気に思いながら

周囲を見渡してみると・・・

 

ベランダに居ました。

 

真っ赤なオーラを纏って、

真っ赤な着物を着た、

 

小学生くらいの女の子。

 

赤くないのは

真っ黒な髪の毛だけで、

 

目も瞳も真っ赤なのです。

 

なにやら凄い形相で

私を睨んでいたのですが、

 

どうすれば良いのか

分からずに、

 

目を閉じて朝が来るのを

待ちました。

 

翌朝、

 

その女の子が立っていた

場所を見ると、

 

小さい羽虫が窓ガラスにびっしり

くっ付いて死んでいました。

 

人の形をかたどって。

 

夜の出来事は夢じゃなかった、

と確信しました。

 

とりあえず、その周辺には

沢山の塩を撒いておきました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ