わたしの手紙、読んでくれた?

幽霊

 

昨年の5月頃、会社の先輩が実際に体験した話。

 

先輩は当時、アパートの1階に住んでいた。

 

その日も仕事を終え、疲れながら夜9時頃に就寝。

 

すると、午前0時くらいに「ピンポーン」と部屋のチャイムが鳴った。

スポンサーリンク

アパートのすぐ隣には・・・

「うるせぇな、こんな時間に。無視無視」と、寝ぼけながらに無視する事に決めたらしい。

 

その後、間もなく「タッタッタッタッ・・・」と部屋内の廊下を走るような音が聞こえた。

 

玄関の鍵は閉めているはず・・・。

 

「これはマズイ!」と思い、ガバッと起きて意識を覚醒させた。

 

ベッドから数メートル横にソファーが置いてあったのだが、気配を感じた先輩は薄く目を開けて横目で見ると、ソファーの上には小さな女の子が立っていた

 

関わってはマズイと感じた先輩は、目を閉じて気付かないフリをした。

 

すると、「わたしの手紙、読んでくれた?」と声が聞こえた。

 

「何を言っているんだこいつは?!そんなもん知らねぇよ!」と、先輩はもちろん手紙など知るはずもなく、恐怖に震えて目を固く瞑る。

 

「手紙、読んでくれた?」

 

声が徐々に近づいてくる。

 

それでも先輩は頑なに無視を続けた。

 

「ねぇ、手紙読んでくれた?」

 

「ねぇねぇ、わたしの手紙読んでくれた~?」

 

全く反応を示さない先輩に憤慨したのか、女の子は叫びながら近づいてくる。

 

胸の辺りに嫌な重みを感じて薄目を開けると、目の前には黒い煙のようなモヤがあり、少しずつ大きくなっていく。

 

すると突然、「ガッ!」と自分の両手がクロスする形で自分の肩を掴み、金縛りになり動けなくなった。

 

「わたしの手紙、読んでくれた?」という声が鳴り響き、金縛りで動けない中、先輩は耐え続けた。

 

どれくらい時間が経ったのか。

 

いつの間にか金縛りは解け、女の子はいなくなっていた。

 

時計を見ると午前4時。

 

どうやら4時間も格闘していたらしい。

 

この話にオチはないのだが、どうやら先輩のアパートのすぐ隣が墓地だという

 

その後に先輩は転職し、今はこのアパートから離れて住んでいる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ