家に私一人しか居ない時に

夏休みの、

とある週末の日。

 

その日は朝から、

 

気持ち悪かったり

嫌な予感がしたんですが、

 

私は身体が強い方では無く、

 

いつもの事だと、

たかをくくっていました。

 

その日、

 

いつも遊ぶ友達と、

いつものように遊んで、

 

家へ帰りました。

 

私は、母と姉との

三人暮らしなのですが、

 

その日は、たまたま母が

友人と旅行へ出掛け、

 

姉も彼氏宅にお泊まりに行き、

 

家には私一人でした。

 

母や姉とはあまり仲が良くないので、

凄く清々した気分でした。

 

あの時までは・・・。

 

その日の深夜、

 

私は自分の部屋で

扇風機をかけながら、

 

携帯を弄っていました。

 

電気も点けずに。

 

そして、何食わぬ顔で

笑っていました。

 

2時くらいに隣の居間から

ガサガサッという、

 

何かが動くような

音がしたんです。

 

姉か母が帰って来たのか?

と一瞬思いましたが、

 

姉も母も帰って来るのは

次の日の午後、

 

と、置き手紙に

書いてあったので、

 

有り得るはずないと

私は焦りました。

 

でもまぁ空耳だろうと、

携帯に視線を戻しました。

 

それから数分後。

 

居間の方から

ズルズルッっと、

 

何かが這いずるような

音が聞こえて、

 

さすがに私はビビり、

 

襖で仕切られていた

居間に行きました。

 

でも、何も居なくて・・・。

 

窓はちゃんと閉まってるし・・・。

 

私は怖くなって

自分の部屋に戻り、

 

仰向け状態で携帯を見て

紛らわそうとしました。

 

するとまた、

 

ズルズルッ・・・

ズルズルッ・・・

 

と、這いずる音が

何回も何回も鳴り、

 

私は金縛りに遭いました。

 

金縛りに遭ってる最中も

這いずる音は聞こえてきて、

 

徐々にその音は

近づいて来ます。

 

何分くらい経ったか

分からないのですが、

 

金縛りがふっと解け、

這いずる音も消えました。

 

ビビりつつも安堵し、

疲れたから寝ようと、

 

扇風機を止めるのに

手を伸ばしたら、

 

そこに全身血だらけの

赤ん坊が居て、

 

「ぼくときみはおともだち」

 

と、こちらにニヤリとした表情を

向けてきました。

 

その瞬間、

私は気を失って、

 

気が付くと、

次の日の午後でした。

 

母や姉は帰って来ており、

 

私に向かって「大丈夫?」と、

問いを投げ掛けてきました。

 

その時の私の右手には、

 

赤ん坊の手のようなアザが、

幾つもあったんです。

 

次の瞬間、

 

私は奇声をあげて、

取り乱しました。

 

だって・・・また耳元で、

 

「ぼくときみはおともだち」

 

って聞こえたんです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ