トンネルの中に見えてしまったもの

ある夏の日の出来事。

 

後輩のT助は、

 

友人の男性A太、

B男、

B男の彼女のC子、

C子の友人のD美、

 

の5人で

ドライブをしていた。

 

C子の運転する車に

T助とB男が乗り、

 

D美の車に

A太が乗っていた。

 

時間は、

日が変わろうとする頃合い。

 

じとっと生温い空気が漂う、

新月の夜。

 

彼らは、愛知の○○スカイラインを

走らせながら、

 

夜景でも見よう、

ということになった。

 

まず、○○スカイラインに

行く直前のコンビニで、

 

お菓子や飲み物を購入し、

のんびりドライブを楽しんでいた。

 

車はスイスイと、

山を走って行く。

 

だんだんと、

山の奥に入っていった。

 

車は前方にD美の車、

後方にC子という編成だった。

 

A太とD美には、

霊感というものが全くない。

 

しかし、T助とB男は、

かなりの霊感の持ち主である。

 

しばらく車を走らせていると、

大きなトンネルに差し掛かった。

 

異常なほど大きなトンネル。

 

明かりもなく、延々と

漆黒の闇が続くように感じた。

 

すると、

トンネルの入り口前あたりで、

 

前方のD美の車が

緩やかに減速し停車した。

 

C子「あれ?どうしたんやろぉ?」

 

少し静かになっていた、

T助とB男。

 

T助「空気が重い・・・な・・」

 

B男「そだね・・・、

ちょっとA太に電話するわ」

 

と言い、

電話を掛ける。

 

B男「A太、どうした?」

 

A太「いや、なんかD美が

勝手に止めたんよ」

 

D美は前を見つめたまま、

動かない。

 

B男「D美の様子は、

どんなんなの?」

 

A太「なんか、前をずっと

見つめてるけど・・・あれ?」

 

B男「どうした!?」

 

A太「トンネルの中に、なんか、

白い影みたいのがいる・・・」

 

D美「A太にも見えるんだ・・・」

 

この時、T助とB男は、

 

今まで経験したことのないほどの

寒気を感じていた。

 

危険を感じたT助とB男は、

前方の車に駆け寄った。

 

そして、

トンネルの中を見た。

 

すると、

霊感の強い彼らには、

 

A太が見た白い影の正体が

はっきり見えてしまった。

 

それは、

 

俯きながら手招きをする、

小さな少女。

 

T助「ヤバい!早く逃げるぞ!

D美、車を出せ」

 

しかし、

D美は微動だにしない。

 

A太が、ハンドルを握る

D美の腕を掴むと、

 

信じられないほど、

腕が冷たい。

 

そして、

腕が全く動かない。

 

D美も、自身の意思では

動かせないという。

 

大人の男二人が

全力で腕を引っ張り、

 

ようやくハンドルを離した。

 

どこか虚ろなD美を

助手席に移し、

 

A太が後部座席に座り、

T助が運転席に乗り込んだ。

 

そして、一目散に2台の車は、

 

行きに寄ったコンビニまで

車を走らせた。

 

コンビニに着き、

 

しばらくジッとしてから

皆で話をした。

 

大きなトンネルの中に、

 

明らかにこの世のものでないものを

見てしまったこと。

 

凄く危ない感覚を

体験したこと。

 

T助「今日は、みんなもう帰ろう。

ちゃんと塩振っときや」

 

そうして、帰路に着いた、

 

次の日。

 

T助「なぁA太、いま何してる?」

 

A太「なぁんもしてないよぉ」

 

T助「ホンマか!?

 

なら、今から昨日の場所に、

もう一回行こうよ!」

 

A太「はぁ、なんでだよ!

嫌に決まってんじゃん」

 

T助「お願い!

 

なんか昨日は負けた感じで

悔しいんよ。

 

昼間やし大丈夫だって!

お願い!」

 

T助に圧されるがまま、

 

渋々A太は了解し、

昨日の場所に向かった。

 

T助「もうすぐやなぁ」

 

A太「そだね・・・。

そろそろトンネルらへんに・・・」

 

・・・

 

・・・

 

!!!!!

 

二人は驚愕した。

 

こんなはずはないと、

互いに目を合わせた。

 

T助「・・・ない・・・トンネルが・・・」

 

互いに確認しながら行った。

 

周りの光景も変わらない。

 

ただ、そこにあるべきはずの

トンネルがない。

 

呆気にとられていると、

T助はあることに気づく。

 

昨日の少女が、

 

トンネルがあったはずの

岩壁の側に居る。

 

ただ、

違っている部分がある。

 

それは、

 

彼女が凄い形相で睨みながら

手招きしていたこと。

 

T助曰く、

 

もしあのままトンネルの中に

入っていたら、

 

岩壁にぶつかって

死んでたかも知れないと・・・。

 

元々、霊感のなかった

A太とD美だったが、

 

T助と居たことで、

 

何らかの影響を受けて

感じやすくなった分、

 

トンネルの違和感に

気が付くことが出来、

 

助かったようでした。

 

これは、僕が聞いた

彼の体験談の中で、

 

ダントツに怖かった話です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ