公園での危険なウォーキング

 

あれは、

北国に暮らした頃の事・・・。

 

北国の夏は、

夜明けが早い。

 

午前4時には夜が明けている。

 

ある朝、

5時頃に目が覚めた。

 

トイレに行き、

あと1時間寝ようかな・・・

 

なんて考えつつ、

 

なんとはなしに、

窓から下を見た。

 

眼下には、

公園の白樺の木立ちが見える。

 

辺りは既に明るい。

 

ウォーキングの人が、

行ったり来たりしている。

 

この公園は縦長の形をしているので、

ウォーキング向きの場所だ。

 

また一人通った。

 

あれ・・・?

 

強い違和感を覚えた。

 

よく見ると、

 

ウォーキングの男性に、

少女がしがみ付いている。

 

真っ直ぐな、

肩までの黒い髪。

 

黒いワンピース。

 

そのスカートから下・・・

足が見当たらない。

 

少女は、

ふわりと浮かんでいる。

 

そして、男性の首に

横から手を回し、

 

寄り添いながら

すぅ~っと移動している。

 

しかし、

 

彼は気付かない感じで

軽やかに歩いていく。

 

少女に重みは無いの?

 

足は?

 

そして彼は通り過ぎ、

見えなくなった。

 

二度寝を考えていた私は、

すっかりと目が覚めてしまった。

 

心霊スポットの噂はあまりないが、

この公園は色々あった公園だ。

 

以前、少年たちによる

集団リンチ事件があった。

 

少年が一人、

亡くなっている。

 

公園の横には川が流れている。

 

公園辺りの川べりに、

 

上流からの自殺や事故の

遺体が流れ着いた事も、

 

幾度かあったという・・・。

 

心霊スポットの噂が少ないのが、

むしろ不思議な公園だ。

 

それ故に、

 

近所の者は夕方5時を過ぎたら、

ここには近寄りたくないと言う。

 

夕方5時は分かる気がする。

 

夜に公園内を通ったら、

急な頭痛に襲われた事があったから。

 

しかし本当は、

朝5時もヤバイのかも知れない。

 

その後も、

 

二度ほど早朝の窓の下に

「見えた」から・・・。

 

夫婦でウォーキング。

 

睦まじくて、

良い光景だと思った。

 

しかし、

 

白樺の木の陰を通り過ぎたら、

妻が消えていた・・・。

 

あれ?

妻は?

 

小さな子供を連れた人が、

散歩をしている。

 

可愛いと思って眺めれば・・・

 

やはり、木の陰を通り過ぎた時に、

一瞬にして子供が消えた。

 

確かに、幼子の親にしては、

あまりにも子供を無視して歩いていた。

 

あの白樺の木立ちを通ると、

何かが付いて来るのだろうか・・・。

 

霊感の無い私にも、

見えてしまうほどの「何か」が・・・。

 

その中でも、

 

あの少女は一際異様で、

印象深い。

 

今でも少女を思い出す事がある。

 

彼女が誰なのか、

 

何があって公園に現れたのかは、

永遠の謎だろう。

 

黒いワンピース姿の、

足と重さの無い少女。

 

健康の為の朝のウォーキングも、

結構危険かも知れない。

 

少女にしがみ付かれた男性は、

元気だろうか・・・。

 

公園でのウォーキングには、

十分に気を付けて下さい。

 

曰く付きの公園なら尚更に・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ