自殺の名所と言われる断崖絶壁にて

これは、

 

スキューバダイビングの

インストラクターさんに

 

聞いた話です。

 

お客さんを乗せて

インストラクターさんと車で、

 

大阪から和歌山に

 

スキューバダイビングを

しに行きます。

 

昼間は皆でダイビングして、

 

夜は自殺の名所へ肝試しに

行くのが流行ってました。

 

そこは、

 

和歌山では有名な

自殺の名所で、

 

高さ数十メートルの

断崖絶壁。

 

目の前には広大な海。

 

落ちれば終わりなのは

一目瞭然。

 

街灯など無く、

真っ暗で、

 

薄暗く光る電話ボックスが

ポツンとあるだけです。

 

その場所には、

 

お悩み相談ダイヤルの貼紙が

電話ボックスにあったり、

 

自殺を食い止める為の

看板などもあるそうです。

 

そんな場所へ、

 

お客さん数名と

インストラクターさんは

 

行きました。

 

皆ワイワイ楽しそうに

車で向かいました。

 

目的地に着いて、

 

皆でワイワイ楽しそうに

車を降りて行くのですが、

 

一人だけテンションの

低い子がいました。

 

その場所を

グルっと見て回り、

 

また車で宿泊施設に

戻るのですが、

 

皆ワイワイしてるのに、

 

やっぱりその子だけ

何も喋らず、

 

テンション低めな感じでした。

 

インストラクターさんは

気になって、

 

宿泊施設に戻ってから、

その子に聞きました。

 

「途中から元気なかったけど、

どうしたん?

 

体調悪かったん?」

 

すると、

 

「いえ、大丈夫です。

 

ただ、あの場所に

着いた時から、

 

インストラクターさんの

足首をずっと掴んでる、

 

腕があったんです・・・

 

って、言われたそうです。

 

ちなみに、その腕は、

 

宿泊施設に着いた時には

消えていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ