林間学校での肝試しで見てしまったもの

森

 

小学5年生の頃の話。

 

その日は林間学校でした。

 

皆で作るご飯、お泊まり、とくれば後は肝試し。

 

男女3人ずつの6人グループを作り、森の中を懐中電灯だけで散策して宿舎に戻る、といったありふれたものでした。

スポンサーリンク

こっちへ来るな

その森は地元では“自殺の名所”と名高く、昼間でも足を踏み入れたくない場所です。

 

よりによって私はしんがりをつとめるハメになりました。

 

途中には先生たちが潜んでいて、度々私たちを脅かしてきました。

 

これが意外に怖かった。

 

そしてゴール近くの目印である小川と小さな橋に差し掛かった頃、私はこの日一番の恐怖を味わいました。

 

何かに惹かれるように橋のそばにある大木を見上げると、明らかに首吊り死体と思われるものが静かに揺れていました。

 

前を行く友達は気付いていない様子。

 

私は、きっとアレも先生たちが仕掛けたものに違いないと思い込んで、その場を足早に後にしました。

 

宿舎の明かりが見え始め、皆の緊張の糸が緩み切った頃、最後の脅かし役が近くのサトウキビ畑からヌルっと現れました。

 

白い着物をきたソレは、俯いていて顔は見えませんでしたが、『こっちへおいで』と手招きをしていました。

 

今までとは質の違う脅かし方だったので、妙に不気味でした。

 

私たちはワーキャー言うこともなくその場を走り去り、宿舎に駆け込みました。

 

「最後のが一番怖かったね」と話しながら先生たちに文句を言うと、先生たちの顔色が変わりました。

 

「そんな役、いないぞ?」と。

 

担がれていると思った私は、先にゴールしていたグループや後からきたグループにも話をしました。

 

・・・が、誰も見ていない。

 

薄ら寒くなってきた私は、「じゃあ、橋のそばの首吊りは?」と先生たちに聞きました。

 

それがトドメになったようで、先生たちは肝試しを途中で中止にしました。

 

後日、ユタのおばさんが私の家に祈祷を捧げに来られました。

 

※ユタ

沖縄県と鹿児島県奄美群島の民間霊媒師(シャーマン)であり、霊的問題のアドバイス、解決を生業とする。(Wikipediaより引用)

 

そして手招きの話をすると、「それはこんな感じだった?」と、招き猫の要領でおばさんは手を動かしました。

 

私が頷くと、「それは『こっちへおいで』じゃなくて、『こっちへ来るな』って意味だよ」と言いました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “林間学校での肝試しで見てしまったもの”

  1. 匿名 より:

    林間パーティーはダメだぞ!

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ