心霊スポットからの実況メール 1/3

携帯電話 ガラケー

 

ある日の夜だった。

 

普段はあまり遊ばない友達から、

携帯にメールが来た。

 

『今から肝試しに行くんだけど

一緒に行かない?

 

A君とB子とC君が一緒なんだけど、

どうかな?』

 

そんな内容だった。

 

私は既にお風呂にも入って、

のんびり寛ぎ中の夜8時頃。

 

ちょっと気にはなったけれど、

 

久しぶりのゆったりした時間が

もったいなくて断った。

 

『えぇ~残念~。

 

あっ、そうだ!!

せっかくだから実況メールしてあげるよ~。

 

目的地は●●病院だし』

 

●●病院と言えば、

地元では結構知られた心霊スポット。

 

週末だし他にもいるんだろうなぁ~

なんて思いつつ、

 

適当にメールの相手をしながら

のんびりした週末の夜を過ごしていた。

 

この後、

あれ程の事が起こるなんて思いもせずに・・・

スポンサーリンク

取り返しのつかない顛末

結局、彼女たちはさらに2人の友達を加え、

6人の団体で●●病院に向かっているようだった。

 

メールはとめどなく続く。

 

興奮する気持ちを抑えられないのが

手に取るように分かる。

 

たまに、車内で撮ったと思われる

画像や動画が添付されていた。

 

運転手のA君と予備運転手のD美以外は、

ビールも飲んだりして騒いでいるようだ。

 

楽しそうなメールを見る度に、

ちょっぴり後悔していた。

 

(結局メールで付き合わされるなら

行った方が良かったなぁ)

 

なんて思っていた。

 

程なくして、

車は目的の病院に辿り着いた様だ。

 

『それでは、A突撃部隊、出撃します!』

 

なんて張り切ったメールと共に、

病院の入り口の写メ。

 

嫌な雰囲気が漂う写メだった。

 

何となく霞(かすみ)がかかった様に

見えなくもない。

 

(心霊スポットなんだから、

そんな感じがして当然よね)

 

なんて思いながら。

 

そんな私は既に、

この実況を楽しみ始めていた。

 

夏に良くある特番みたいに。

 

『まずは1階、診察室~。

大したことないね~。

 

A君が机あさってま~す。

何にも目ぼしいものはないみたい』

 

写メがあったので見てみる。

 

《赤い光?街灯かな?》

 

『街灯はないよ~?

ライトが反射してるんじゃない?

 

とりあえず病棟に移動するみたいだから

行くね~』

 

ライトの反射?

あんな高い位置で?

 

しかも、反射する様なものも

無いみたいなんだけど・・・

 

なんだかドキドキしてきた。

 

嫌な予感もしてくる。

 

『2階到着だよ~。

なんだかこわぁ~い(笑)』

 

今度は動画だ。

 

ワイワイガヤガヤと騒ぐ声。

 

暗闇に交差するライト。

 

レポーターちっくなB子の声。

 

(・・・・・?)

 

見終わった後、

なんとなく違和感があった。

 

もう一度見てみる。

 

(・・・・・あれっ?)

 

一瞬映るベッド・・・

 

さらに繰り返し見ていくと、

私は青ざめてしまった。

 

その部分を静止画で抜き出してみると、

間違いなく映っている。

 

慌ててその画像を添付して返信した。

 

《足!映ってる!ヤバいよ、逃げて》

 

A君から電話が来た。

 

私は驚きながら出る。

 

「お前、画像に何かしただろ?

やめろよ、まったく!」

 

後ろがなんとなく騒がしい。

 

みんな動揺しているみたいだ。

 

「私、何もしてない!本当に映ってたの!

早くそこから出た方がいいよ!」

 

叫ぶように告げたその時、

 

【ウフフ】

 

「・・・えっ?」

 

「何だよ、どうしたんだよ。

脅かすようなことやめろよ」

 

【ニガサナイワヨ】

 

「えっ・・・!何これ?」

 

「お前だろ!

お前だと言ってくれ!」

 

[キャーッ!!]

 

電話の後ろから叫び声が聞こえた。

 

私はパニックになりながら、

必死に電話に向かって叫んでいた。

 

「逃げてー!!」

 

「何だよあれ!おい!!

みんな1階まで走れ!」

 

電話を切ることも忘れたように、

少し遠くからA君の声。

 

何が起こっているのか分からない。

 

叫び声や走る足音に混ざり、

耳障りな女の笑い声。

 

私は身動きも出来ず、

携帯に耳を傾けながら祈り続けていた。

 

誰かの名前を泣きながら叫んでいる声。

 

断末魔の様な絶叫。

 

悲鳴・・・笑い声・・・悲鳴・・・笑い声・・・

 

頭がおかしくなりそうだった。

 

どうしたらいいのかも分からず、

携帯から耳を離す事も出来ず、

 

ただただ泣いていた。

 

しばらくすると、

まるで嘘の様に静まり返る。

 

私は意を決して警察に電話をする。

 

電話に出た警察官に怒られたが、

一応現場に行ってくれるらしい。

 

が、一安心とはいかず、

不安に追いつめられる。

 

私は車のキーを握りしめ、

玄関を飛び出していた。

 

(警察も来てくれるなら大丈夫!)

 

なんて甘いこと考えながら、

現場に向かった。

 

(続く)心霊スポットからの実況メール 2/3

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ