残された留守電のメッセージ

6月の終わり頃、

 

アパート暮らしの

ある大学生が、

 

腐乱死体の状態で

発見されました。

 

兄の勝巳さんが呼ばれ、

身元確認の後、

 

残っていた留守電のメッセージが

再生されました。

 

3月14日

母親から思い出話。

途中で切れる。

 

3月16日

友人から旅行の誘い。

 

3月21日

父親から、

祖父が会いたがってる旨。

 

4月25日

友人から、

大学に顔を出せと。

 

5月1日

母親から、

勝巳に連絡しろと。

 

そこでテープが終わり、

 

「ご両親からの電話は、

いつも深夜2時過ぎですな」

 

と、刑事が呟くと、

 

勝巳さんが頷いてから

言いました。

 

「両親は、僕らが小さい頃に

死にました・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ