黄金の地蔵を掘り起こした者は祟られて死ぬ

地蔵

 

これは、とある地域で言い伝わっている怖い話です。

 

某県には”地蔵山”という山があります。

 

山と言っても塚のようなもので、本当に小さいものです。

 

そして、その山には嫌な伝承がありまして、かつて江戸時代の初期に豪農が、金の力に物を言わせて黄金の地蔵を作って塚に埋めた、という”黄金伝説”があるのです。

 

しかし、『この地蔵を掘り起こした者には豪農の祟りがあり、ことごとく死んでしまう』と言います。

スポンサーリンク

発掘に挑んだ人達

事実、その埋めた場所を暗号で記した古文書がありまして、明治時代に地元の若者5人組が地蔵の発掘に挑んだところ、3人が発狂、1人が自殺、1人が行方不明なったこともあったそうです。

 

大正時代にも発掘をした人がいたそうで、この人も原因不明の病気でうなされ、「地蔵が来る・・・地蔵が来る・・・」とうわごとを言いながら亡くなっていきました。

 

そして昭和の頃、再び成金のオヤジがこの地蔵の発掘に挑みました。

 

今度の発掘挑戦者は強引で、この山ごと崩してしまったのです。

 

しかし、地蔵は出てきませんでした。

 

気が治まらない成金のオヤジは、その土地に大型のマンションを建設し始めました。

 

地元では「祟りがあるからやめろ!」という声があったのですが、工事は押し進められました。

 

しかし、悲劇は起こってしまったのです。

 

現場の視察にやって来た成金のオヤジは、コンクリートの打設工事を見学していました。

 

その時に、柱のコンクリートの打設面を押さえていた型枠が外れ、成金のオヤジはコンクリートの下敷きになってしまったのです。

 

およそ5分後に救出された成金のオヤジは、すでに窒息死していました。

 

そして、その体にはコンクリートが全身に付着しおり、まるで『地蔵』のようになっていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ