聞き取れない電話の用件は

同じ大学にA君とB君とC君という、

仲良し3人組がいました。

 

3人は卒業旅行で

海に行くことになりました。

 

C君の家が別荘を持っていたので、

そこに泊まることに。

 

最初は海でナンパしようとか、

そんな事を話してたけど。

 

行ってみれば

3人でたわいもない話をしたり、

はしゃいだりしてるのが楽しくて、

あっという間に帰る日の前日に。

 

その夜も3人で話してたところ、

1本の電話が鳴りました。

 

C君は、

「実は、昼間1人の時

女の子と知り合って、

ここの電話番号教えたんだよ~。

だから俺かな♪」

 

と言ったので、他の2人は

「抜け駆けかー、ずりぃ~」

等と言って、A君をからかいました。

 

A君はワクワクしながら電話に出て、

「もしもし~、昼間の子?」

と言うと、受話器からは、

 

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

の声。

 

A君は、昼間の子と違って

がっかりしながらも、

「誰ですか?」

と言うと、

 

受話器からは変わらず、

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

の一点張り。

 

A君は気味悪くなって電話を切り、

2人がどうしたんだ?と聞くと、

 

「何かずっと、

あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?って言ってんだよ。

テープ早送りするみたいにさ。

気持ちわり~」

 

と言ったけど、

結局いたずら電話だと思い、

気にしませんでした。

 

帰る当日、C君は

これから家族が泊まりに来る

と言う連絡を受け、

1人別荘に残ることにしました。

 

他の2人は普通に帰ったけど、

夜電話があり・・・。

 

C君が亡くなったと言う知らせでした。

 

その後、

C君の死を知った2人は、

悲しみながらも月日は流れて、

C君のことは忘れていました。

 

1年が過ぎてA君のもとに

あの時、一緒に旅行に行った

B君から電話がありました。

 

「お~、Bか、久しぶり~」

と、A君は言ったけど、

B君は気分がすぐれない様子。

 

どうしたんだよ、とA君が聞くと、

「お前さ、海行ったの覚えてるだろ?」

「あー、Cは気の毒だったけど

楽しかったよな・・・」

 

「あの時、電話あったの覚えてるか?」

「Cが取ったやつか、そういえばあったな」

 

「あれさ、昨日、

俺のとこに来たんだよ・・・。

俺・・・死ぬのかな?

あの電話取った後にCが死んだだろ」

「・・・偶然だって!疲れてんだよ!

そうだ、久しぶりに話したんだし

今から会わないか?」

「そうだな、会おう・・・」

 

そんなこんなで時間と場所を決めて、

2人は会うことにしました。

 

A君は先に着き、

B君の事が気になりながらも

待ち合わせ場所で待っていました。

 

しかし、時間が経っても

一向にB君は来ない。

 

しばらくすると電話が鳴って、

B君が交通事故で死んだ

という知らせでした。

 

A君は、やっぱりあの電話が、

と思いました。

 

それ以降、電話がかかって来ても、

留守電を通すなどして、

直接出ることは絶対にしなくなりました。

 

月日が経つと、

やがてB君の出来事も忘れ、

A君には彼女ができました。

 

楽しい時は早いもので、

彼女と旅行に行くことになりました。

 

A君から電話して、

計画を話していました。

 

話が終わって電話を切り、

楽しい気分でいると1本の電話が。

 

A君は彼女からだと思い、

あの出来事を忘れて

「何か言い忘れたことでもあんのかな♪」

と思って電話を取ると、

 

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

 

A君は「しまった!」と思うが、

もう遅い・・・。

 

受話器からは延々と、

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

「あなた、キュルキュルキュルキュル・・・

・・・でしょ?」

 

A君は怖いけど切ったら駄目だ!

と思って必死に聞き続ける。

 

真夜中、睡魔と戦いながら

やがて朝に。

 

A君が電話の声を聞き続けていると、

次第に声がゆっくりになってきた。

 

「あなた、キユルキユルキユルでしょ?」

「あなた、キユ○○ユ○○ルでしょ?」

「あなた、○○キ○○○ルでしょ?」

 

そして、だんだんと、

テープの早送りのように聞こえてた声が

ハッキリと、

 

「あなた、死にたいんでしょ?」

 

A君は聞いたとたん、

「死にたくない!死にたくない!」

と叫ぶと電話がプッと切れた。

 

その後、A君は

元気に暮らしています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ