我が家のとある部屋での話

私の名前は、ひとみん。

 

これは、

 

今も住んでいる

我が家にある、

 

通称『赤の間』と呼んでいる

部屋での話である。

 

なぜ赤の間と言うかは

単純な話で、

 

部屋に真っ赤な

絨毯が敷いてあり、

 

日差しが差し込むと、

 

部屋全体がその照り返しで

真っ赤に染まるからであった。

 

数年前の

真夏のある夜、

 

私はその部屋で、

 

窓を開けながら

好きなビデオを観ていた。

 

普段はクーラーの効いた

オーディオルームで

 

涼みながら観るのだが、

 

数日前に頼りのビデオデッキが

故障してしまったため、

 

仕方なくクーラーの無い隣室で、

 

借りて来たばかりの

レンタルビデオを観る事とした。

 

それは、私の大好きな

アクション映画で、

 

以前から観たくてたまらなかった

作品だった。

 

しかし、なぜか観ていても、

ストーリーが全然頭に入らない。

 

というか、

全く映画に集中出来ないのだ。

 

「暑いせいかな?」

 

初めはクーラーの無い部屋での

暑さが原因かと思った。

 

しかし、今晩は

そんなに暑くはない。

 

何気なく私は、

部屋の中を見渡した・・・。

 

テレビの中では、

 

壮大なアクションが一層の

盛り上がりを見せていたが、

 

時間を追うにつれ、

 

私の視線は

そこから離れていった。

 

そして、

いつしか私の視線は、

 

左脇で開け放たれている

窓に注がれていた。

 

といっても、

 

窓の外に何かがあるわけでもなく、

何の変哲はない。

 

しかし、目線はどうしても

そこを向いてしまうのだ。

 

窓の外は、

 

すぐに隣の家の壁が迫る、

いつもの風景だ。

 

それなのに、

 

私は何が気になるのかさえも

分からなかった。

 

そして、そんな日々が、

しばらく続いた・・・。

 

ある日、

 

知人で霊感があるという友人が、

我が家に遊びに来た。

 

友人に貸す本を渡すため、

私はその部屋に入った。

 

「あっ・・・」

 

私の後から入ってきた友人は

小さく声を上げると、

 

そのまま立ち止まり、

 

開け放ったその部屋の窓を

指さした。

 

「ひとみん、ごめん。

ここには入れないよ・・・」

 

「?」

 

「窓の外から男が覗いてるんだ・・・

逆さにぶら下がって・・・」

 

「!?」

 

そして、友人は逃げ出すように、

部屋を出ていってしまった。

 

後で聞いた話では、

 

男は窓枠に、

逆さまにぶら下がりながら、

 

隙あらば、中に入ろうとしている

様子だと言うことだった。

 

「でも、なぜか男は入ることが

出来ずにいるみたいなんだ・・・」

 

彼は、そう言って

帰っていった。

 

しかし、

 

私には彼の言うことを

完全には信じ切れなかった。

 

数年後、別の友人が

遊びに来ていた時であった。

 

友人は突然、

 

赤の間の前に佇むと、

私に言った。

 

「ひとみん、この部屋の外に

男がいるよ・・・」

 

「えっ?」

 

「逆さにぶら下がって、

中に入って来ようとしてる・・・」

 

その言葉に私は驚愕した。

 

後日に分かった話だが、

 

これは、我が家の周り自体は

あまり良い環境ではなく、

 

その辺りを漂っている

霊魂のひとつが、

 

赤の間から我が家へ

入って来ようとしているのだろう、

 

と言うことだった。

 

しかし、私の母親が

信心深い人間であったため、

 

日々の読経や、

 

家の周りの清めなどを

怠っていないため、

 

一種の結界のような

役割を果たして、

 

霊魂が入ることを

拒んでいるのだと・・・。

 

私は母親に感謝した。

 

そして今、

物置となった赤の間は、

 

雨戸を堅く閉ざしたまま、

足を踏み入れる者はない。

 

ただ、年に数回、

ここを開けて欲しいとばかりに、

 

閉じた雨戸の内側の

窓ガラスの枠が、

 

窓の外の者に叩かれているような

音を出す日がある。

 

そして私は隣室で、

その音を震えながら聞いている・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ