安く借りれた古い木造アパートの部屋で

襖

 

友人のMが大学生だった頃の

お話です。

 

名古屋の大学に合格したMは、

 

一人住まいをしようと、

市内で下宿を探していました。

 

ところが、

 

条件が良い物件は、

ことごとく契約済みで、

 

大学よりかなり離れたところに、

 

ようやく一件見つけることが

出来ました。

 

とても古い木造アパートで、

 

台所やトイレなどは

全て共同なのですが、

 

家賃がとても安いため、

 

Mは二つ返事で契約を

交わしました。

 

引っ越しを済ませ、

 

実際に住み始めてみると

とても静かで、

 

なかなか居心地の良い

部屋での生活に、

 

Mは次第に満足するように

なったそうです。

 

そんなある晩のこと、

 

Mの部屋にMの彼女が

遊びに来ました。

 

二人で楽しくお酒を

飲んでいると、

 

急に彼女が「帰る」、

と言い出しました。

 

部屋を出ると彼女は、

 

「気を悪くしないで

聞いて欲しいんだけど、

 

この部屋・・・

なにか気味が悪い

 

とMに告げました。

 

彼女によると、

 

お酒を飲んでいる間、

 

部屋の中に嫌な気配が

漂っているのを

 

ずっと感じていて、

 

一向に酔うことが出来なかった

というのです。

 

「気を付けた方がいいよ」

 

という心配そうな彼女の言葉を、

Mは一笑に付しました。

 

元々、その手の話を

全く信用しないMは、

 

「そっちこそ気を付けて帰れよ」

 

と彼女を見送ってあげた

そうです。

 

しかし結果的に、

 

この時の彼女の言葉は

取り越し苦労でも何でもなく、

 

その部屋は、やはり

おかしかったのです。

 

この頃から、

 

Mは体にとてつもない疲れを

覚えるようになりました。

 

特にアルバイトがキツイ

というわけでもないのに、

 

部屋に帰ると、

 

立ち上がれないぐらいに

力が抜けてしまいます。

 

また、夜中寝ている間に、

 

誰かが首を絞めているような

感覚に襲われ、

 

突然飛び起きたりしたことも

ありました。

 

そのせいでMは食欲も落ち、

ゲッソリと痩せてしまいました。

 

きっと病気だろうと、

医者に診てもらいましたが、

 

原因は分からずじまいでした。

 

心配した彼女は、

 

「やはりあの部屋に原因がある」

 

とMに引っ越しを勧めましたが、

生憎そのような費用もなく、

 

Mは取り合おうとも

しませんでした。

 

そして、

 

そのまま2週間ほど経った、

ある晩のことです。

 

その日、Mはバイトで

大失敗をしてしまい、

 

何時にも増してぐったりとしながら

夜遅くに部屋へ帰り、

 

そのまま眠ってしまいました。

 

その真夜中、

 

物凄い圧迫感を感じて

急に目を覚ましましたが、

 

体は金縛りのため、

身動き一つとれません。

 

ふと、頭上の押入れの襖に

目をやりました。

 

すると、

 

閉まっている襖が

ひとりでにするする・・・と、

 

数センチほど開いた

かと思うと、

 

次の瞬間、

 

ぬーっと真っ白い手がMに向かって

伸びてきたそうです。

 

Mは心の中で『助けて・・・』

と叫ぶと、

 

その手はするすると、

また襖へと戻っていきました。

 

しかし、

ほっとしたのも束の間、

 

今度は襖の隙間から

真っ白い女の人の顔が、

 

Mをじっと見つめているのを

見てしまったそうです。

 

Mは一睡も出来ないまま、

朝を迎えました。

 

やがて、体が動くようになり、

Mは部屋を飛び出しました。

 

そして、彼女をアパート近くの

ファミレスに呼び出し、

 

「どうしようか・・・」

 

と二人で途方に暮れていた

そうです。

 

ちょうどその時、

 

少し離れた席に、

 

一人のお坊さんが

座っていました。

 

そのお坊さんは、

 

先ほどより二人のことを

じっと見ていたのですが、

 

いきなり近づいて来たかと思うと、

Mに向かって、

 

「あんた!そんなモノ・・・

どこで拾って来た?!」

 

と一喝したそうです。

 

Mが驚きながらも尋ねると、

 

Mの背中に強い怨念が

憑いており、

 

このままでは大変なことになる

と言うのです。

 

Mは、今までの出来事を

全て話しました。

 

すると、お坊さんは、

 

自分をすぐにその部屋に

連れて行くように、

 

と言ったそうです。

 

部屋に入ると、

 

お坊さんはすぐに

押入れの前に立ち止まり、

 

しばらくの間、その前から

動こうとしません。

 

そして突然、印を切ると、

いきなり襖を外し始め、

 

その一枚を裏返して

二人の方へ向けました。

 

その瞬間、

 

Mは腰を抜かしそうになった

と言います。

 

そこには、

 

なんとも色鮮やかな花魁の絵が

描かれていました。

 

舞を舞っているその姿は、

まるで生きているようで、

 

心なしか、

 

Mの方をじっと見つめている

ように感じたそうです。

 

お坊さんによれば、

 

「どんな経緯があったかは

私には分からないが、

 

この絵にはとても強い怨念が

込められていて、

 

君の生気を吸って、

次第に実体化しつつあり、

 

もう少しで本当に取り殺される

ところだった・・・

 

と告げたそうです。

 

お坊さんは襖の花魁の絵の

周りに結界を張ると、

 

「すぐ家主に了解を得て、

 

明日、自分の寺にこの襖絵を

持って来なさい」

 

と言い残し、

立ち去りました。

 

次の日、彼女と共に

お寺に赴きました。

 

そして、

 

その襖絵は護摩と共に焼かれ、

無事に供養されたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ