寝てはいけない部屋の場所とは

これは、友人から聞いた

実話です。

 

彼女はとても霊感が強く、

 

そして、そういう体験を

昔からしていたそうです。

 

一昨日、

霊感の強い彼女に、

 

私が温泉地で体験した

 

夢とも現実ともつかない

話をすると、

 

「温泉宿でしょ?

 

もしかして部屋の真ん中で

寝てなかった?」

 

と言われました。

 

考えて見ると、

温泉に行ったら大体、

 

部屋の中心に布団が

敷かれますよね?

 

彼女が言うには、

 

「厳密に言えば、

 

何センチとか

あるらしいんだけど、

 

部屋の真ん中に寝ては

いけないのよ

 

と言うんです。

 

何故なら、

真ん中に寝ると、

 

部屋の四隅を全て

見渡せてしまうから。

 

四隅にそういうモノが

溜まるとはよく聞きますが、

 

それを見渡せる

中心に寝ると、

 

『結界』を破ってしまう

と言うんです。

 

「それとね、ドア(出入り口)

すぐ前に寝てはいけないのよ。

 

特に、足を向けて寝るのは

もっとダメ」

 

やはり、入り口や窓は、

霊の出入り口になるから。

 

それを教えてくれたのは、

彼女の友人だそうです。

 

仮に、彼女の友人を

A子さんとします。

 

そのA子さんの実家は

お寺で、

 

A子さんが久々に実家へ

戻った時に、

 

身元不明の死体が見つかった

事があったそうです。

 

A子さんの田舎は、大きな

警察署も病院もないので、

 

A子さんの実家のお寺は

警察から、

 

「明日早く、遺体を

街に搬送するので、

 

それまで寺でこの遺体を

一晩だけ預かってくれ」

 

と言われたそうです。

 

遺体は、お寺の本堂で一晩

預かる事になったそうです。

 

その日の夜、いつも通りに

A子さんは眠りにつきました。

 

不思議な事に

朝起きると、

 

30センチほど掛け布団と一緒に

A子さんの身体が、

 

敷布団から襖の方にズレて

はみ出していたそうです。

 

まるで何かに

引っ張られたように・・・。

 

そしてA子さんの足首には、

 

ハッキリと握った手の跡のような

赤いアザが付いていたそうです。

 

昨晩、A子さんは襖(ドア)

足を向けて寝ていました。

 

そして、その方向はちょうど、

本堂の方向だったそうです。

 

布団を敷いた場所も、

畳の部屋のど真ん中でした。

 

怖くなったA子さんは、

 

すぐに父親(住職)

その事を話し、

 

そして御祓いをしてもらった

そうです。

 

「偶然が重なり結界を

破ってしまって、

 

連れて行かれそうに

なったんだな」

 

その時に、

 

父親から『結界』の話を

教えてもらったそうです。

 

一昨日、友人の彼女が

言ってました。

 

もし、あなたが、

 

そのような間取りで

寝てるのなら、

 

すぐにでも配置を

変えた方がいいですよ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ