あの円の中に入らなかっただろうな

結界

 

これは、私が高校時代の担任の先生が小学生の頃に体験した話。

 

夏休みに父親の田舎の爺ちゃん家に遊びに行った先生は、毎日のように山や川で遊び回っていた。

 

その日は近所の山を探検していると、山中に急に開けた場所を見つけた。

 

そこには、角材を鳥居の色のような朱色に塗ったような木の棒が、直径10メートルほどの円を描くように十数本並んでいる。

 

なぜかその辺りは、むせるような嗅いだこともない異臭が立ち込め、周りは雑草が生い茂っているのに、円の内側だけはほとんど生えていなかった。

 

それに円の周りには、まばらに虫の死骸や鳥か何か小動物の骨のような残骸が散らばっている。

 

さすがに恐ろしくなって急いで家に戻り、爺ちゃんにその話をしたところ、急に険しい表情に変わり、息子(先生の父親)に怒鳴った。

 

「円の中に入らなかっただろうな!?あの山には近づくなと子供に言わなかったのか?」

 

続けて、念のため明日は家の中で大人しくしろと言われたという。

 

後日父親に話を聞くと、『なんでもあの山には物の怪がいて、あのようにして円を作るとその中に閉じ込めておける』という伝承があるとのことだった。

 

「父さんの子供の頃は、度胸試しであの円の中に入る、棒を倒すだなんて遊びもあったんだが、今思うと恐ろしいな」と笑って言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ