霊感の強い友人が池で見たもの

今から4~5年程前の

夏の夜だったかな。

 

友人連中7~8人で

飲みに行ったんだ。

 

その帰りに「ちょっと涼もうぜ」って

誰かが言い出して、

 

地元の図書館にある

池に行った。

 

そこは、10年近く前までは

舗装も何もされていない池で、

 

落ちちゃう子供も多くて。

 

さすがに苦情が出て、

 

7年ほど前に綺麗になった

池なんだ。

 

池について友達とくだらない話で

だらだらと盛り上がって。

 

そしたら、友人Tが急に

変なことを言い出したんだ。

 

「あれ、あそこ誰か立ってへん?」

 

って池を指差した。

 

みんな騒然となって、

注視したんだけど何もない。

 

俺はてっきり、

 

怖い話には滅法弱い

Kがいたもんだから、

 

担いでんのかと思って。

 

「あ、ほんまや。

何か白いのいるなぁ」

 

って相槌を打ったんだよ。

 

そしたらTが首を振って、

 

「違う違う、

お前の言ってる奴じゃない」

 

とか言うんだ。

 

全くワケわかんないから

曖昧に頷いたんだけど、

 

Tが俺にそっと耳打ちする。

 

「いや、

 

お前は見えてるはずやから、

ちゃんと見てくれ。

 

あそこ、人が立ってんねん。

 

男なのか女なのか

わからへんねんけどな」

 

そう言われて、

 

よくよく見ても、

やっぱり見えない。

 

Tは俺の反応に

落胆したのか、

 

「見えないなら見えない

ままの方がいいなぁ。

 

ここあんま良くないし、

今日はもうお開きにしようや」

 

そう言って、

その場は帰ることにした。

 

自転車を漕ぎながら

Tと喋ってたら、

 

「お前にはそういうの

見えてるはずなんだけど。

 

見えていないことに

してんのかなぁ」

 

ってシミジミ言われて。

 

「よせよ、冗談ちゃうわ。

幽霊見えても怖いだけやん」

 

って軽口で返しながらも、

内心ちょっと怖くなってた。

 

「あの辺で何かあったん?」

 

ってTが聞くから、

 

「確かに昔は池にはまったりとか

事故なんかが多かったよ」

 

って俺は返した。

 

Tは首を傾げ、

 

「そういうのとは違ったんだよなぁ」

 

って、

しきりに不思議がってたよ。

 

みんなと別れて家に帰っても、

Tの言葉が頭から離れない。

 

思い当たる節が

少しあったから。

 

池でTが見たものは、

結局、何だったかは

 

分からずじまい

だったんだけど・・・。

 

何が怖かったって、

 

その3日後くらいに池から

変死体があがったんだ。

 

そのことをTに言ったら、

「なるほどなぁ」って納得してた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ