深夜の小学校で聞こえた鳴き声

僕が専門学生の時の

話なのですが・・・。

 

高校のラグビー部の友人先輩

計6人ぐらいで飲みに行き、

 

夜中の2時を回ったぐらいに

先輩が、

 

「よし、バスケしよ~ぜ」

 

と言いました。

 

これまでにも何回か、

 

飲んだ後に居酒屋近くの

小学校でバスケ!

 

みたいな事があり、

 

僕はとりわけシュートが

下手だったので先輩に、

 

「自分、先に行って

シュート練習してます」

 

と言って、

 

一人バスケットボールを抱えて

小学校へ走りました。

 

バスケットコートは、

 

グランドを正面とすると

校舎の側面、

 

校舎と道路を挟んだ所にあり、

 

僕は道路からフェンスを乗り越え、

シュート練習を始めました。

 

5~6本のシュートを

放った時です。

 

『ポロッポ~』

 

何だ?

 

ふとシュート練習を止め、

辺りを見回しました。

 

しかし、何もいません。

 

『ポロッポ~』

 

校舎の方からです。

 

鳩?

そう思いました・・・。

 

なんでこんな時間に?

とも思いつつ、

 

音のする校舎の方を

見つめました。

 

音のする方にあるのは

闇です。

 

校舎が月明かりを遮り、

 

街灯の光も届かない

一階部分の暗闇から

 

その音が・・・。

 

『ポロッポ~』

 

徐々に大きくなります。

 

僕は闇を凝視したまま

棒立ち状態。

 

頭の中はパニックです。

 

『ポロッポ~ポロッポ~』

 

鳴き声と共に、

闇が迫ってくるような感覚。

 

と言うより、

吸い込まれるよな感じ。

 

『ポロッポ~ポロッポ~』

 

『ポロッポ~』

 

『ポロッポ~』

 

僕のパニックは頂点に達し、

 

動く事も声を出す事も出来ず、

闇の中に。

 

と、突然、

 

「オイ!」

 

ハッと我に帰り振り向くと、

友人が目の前に。

 

「何、ボーとしてんの?」

 

と聞く友人に、

 

「今、鳩の鳴き声がして

暗闇が・・・」

 

とパニくる僕。

 

「鳴き声?

何も聞こえ無いけど・・・

 

何かあったの?」

 

深呼吸をして、

 

「いや・・・もう大丈夫。

 

ところでさ、

あそこに何があるの?」

 

と、この中学出身の友人に、

 

暗闇を指差しながら

聞いてみた。

 

「え?あぁ~

確か石油庫かな?」

 

その後、何度かここで

バスケをしましたが、

 

不思議な体験は

その一回だけです。

 

今考えて見ると、

 

鳩の鳴き声なのか

良く分からず、

 

何かの鳴き声と

深夜の学校、

 

そして一人という

シチュエーションが

 

パニックを引き起こした

だけかもしれません。

 

・・・が、その学校、

出るらしいのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ