並んで見ている

昨年、長野市の全国的に有名なお寺の近くに、

半年ほど住んでいた時の話です。

 

仕事の関係上、単身赴任で

アパートを借りていたんですが、

台所の窓を開けたすぐ前が、

小学校になっていました。

 

本校舎から体育館へ続く

渡り廊下がよく見えて、

子供たちが元気よく、

走り回っていました。

 

また、音楽会が近づくと、

毎日朝から元気な歌声や合奏などが聞こえ、

耳を楽しませてくれました。

 

そんなある日、

日曜日の深夜0時頃でしょうか。

 

喫煙者の私はアパートということもあり、

タバコを吸う時は、いつも台所の

換気扇の下で窓を開けて吸っていました。

 

その日も、なんの気なしに窓を開けると、

どこからか歌声らしきものが聞こえてきます。

 

こんな時間に?

音楽会が明日で特訓か?

 

なんて考えながら一服していました。

 

よくよく聞いてみると、

歌ではなく、お経のような感じです。

 

お寺が近いからなぁ・・・、

と思いながらも、

気味のいいものではないので、

タバコを吸い終え、

さっさと窓を閉めようとしました。

 

その時、視界の隅っこに、

何か動くものがあり、

なんだろうと暗闇に目をこらしてみました。

 

血の気が引きました。

 

子供が渡り廊下にずらっと並んで、

こちらを見ているのです。

 

暗くて顔は見えませんが、

目だけが星明りを反射して、

ギラギラと光っていました。

 

あまりの異様な光景に

思わず窓をピシャリと閉めましたが、

しばらくはその光景が

頭から離れませんでした。

 

恐ろしくなった私は、

そのまま強くもない酒を飲み、

勢いで寝てしまいました。

 

次の日、恐る恐る確認すると、

いつも通りの普通の風景が広がっていました。

 

それ以来、夜にタバコは吸わなくなり、

残りの期間中、異様な光景は

目にしませんでしたが・・・、 

夜中に玄関のチャイムが鳴るということが、

数回ありました。

 

決まって日曜日の深夜0時でした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ