急逝した母のお通夜の後

4年前に母が亡くなった時の、

お通夜の後の事をお話します。

 

私自身は霊的なものが

見える人でもなく、

 

家族の中にも

そういう人はいません。

 

お通夜が終わって、

 

お寺に留守番の親族と

母の遺体を残し、

 

父と妹と私は、実家で

一眠りすることにしました。

 

狭い家なので、

 

3人は一階の居間の

コタツの中で

 

横になっていました。

 

母が亡くなった当初は

2階に仏壇があった為、

 

そこに遺体を安置して

ありました。

 

なかなか寝付けないまま

ウトウトしていると、

 

なにやら玄関の方から

何人かが話しながら、

 

階段を上っていく足音が

聞こえてきました。

 

何か言ってるのですが、

 

ボソボソ声だったので

分かりません。

 

初めは親戚の方が忘れ物でもして

取りに来たのかと思ってましたが、

 

居間の方には入って来ず、

そのまま2階に。

 

それも、

 

仏壇がある部屋の方に

足音が移動しました。

 

なんかおかしいなと、

 

異変に気が付いた妹と

顔を見合わせ、

 

私が2階に様子を見に行くと、

全く人は居ません。

 

一体、あの足音は

何だったのか?

 

それも数人・・・。

 

母が急逝した為に

 

疲れていて幻覚に

襲われたのかと思い、

 

妹に聞いてみました。

 

すると私と全く同じく、

 

数人の話し声と足音が、

2階に上がって行ったとの事。

 

あの人たちは

どこへ行ったのか?

 

何をしに来たのか?

 

私が2階へ行かなかったら

戻って来たのか?

 

未だに謎であります。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ