知ったら怖くて眠れなくなるでしょ

旅館の部屋

 

見たわけではないのですが、感じたことならあります。

 

京都の旅館に泊まった時、その部屋は『開かずの間』だったのです。

 

普段は貸さない部屋らしかったのですが、仕事上の都合で泊まりました。

 

部屋に入った時の第一印象は、なんか薄暗い部屋だなぁ、と。

 

夕食まで時間もあり疲れていたのもあって、仮眠を取ろうと押入れの戸を開けました。

 

でもそこには布団なんて入っていません。

 

あるはずの空間がないのです。

 

板が隙間なく貼られてあって、その上に御札が1枚貼ってありました。

 

それを見た瞬間、鳥肌が立ちました。

 

びっくりしてすぐ戸を閉め直しました。

 

さっきから感じていた嫌な空気の原因はこれだったんだ、と思いました。

 

そして一人でこの部屋に居るのは危ないと思い、同室の人を呼びに行きました。

 

その時は4人部屋でした。

 

この話を聞いて驚くかな?と思ったのですが、そんな様子もなく、平然としています。

 

私は、「どうして驚かないの?」と聞きました。

 

すると、「そんなことで驚いていたら仕事にならない」と言うのです。

 

仕事柄、全国を飛び回るのでよくあると言うのです。

 

ちなみに仕事は、旅行のガイドや添乗員です。

 

ホテルや旅館は、安く泊まるような業者には普段貸さない部屋を貸すのだそう。(もちろん全てがそうではありません)

 

納得できなかったのですが、部屋を替えてもらえるはずもなく、仕方がないので我慢して、その日の夜はその部屋で就寝することになりました。

 

ミーティングが終わったのが深夜1時頃。

 

わりと賑やかにやっていましたので、その頃にはあまり怖くなくなっていました。

 

お風呂に入って、みんなで布団に入ったのが2時過ぎでした。

 

そして部屋の明かりを消して、10分くらい経った時です。

 

みんなはもう寝息を立てていたのですが、私だけがその異変に気づきました。

 

最初のうちは何か聞こえるなぁという程度だったのですが、そのうちにハッキリとした音が聞こえてくるようになりました。

 

天井裏を誰かが歩いています。

 

私たちの寝ている上の辺りを、ぐるぐると回り歩いているのです。

 

しかも、一人の足音ではありません。

 

少しズレてもう一人歩いています。

 

喋りながら。

 

何を喋っているのかまでは聞き取れなかったのですが、男女が揉めているような感じでした。

 

怖くてみんなを起こそうと思い、部屋の明かりを点けました。

 

部屋が明るくなるのと同時に、音は止みました。

 

足音も話し声も。

 

隣の人を起こして、今あった出来事を話しました。

 

もちろん凄く驚くと思ったのです。

 

でも反応は違いました。

 

最初からいわゆる『出る部屋』だと知っていたのです。

 

「どうして教えてくれなかったの?」聞くと、「知ったら怖くて眠れなくなるでしょ」と言うのです。

 

どうやら、教えないことが親切だったようです。

 

聞くと、この旅館もこの部屋も初めてではないとか。

 

それに毎回出るそうです。

 

人によって音だけだったり見えたりもするそうですが。

 

結局、そのまま朝まで布団を頭から被って過ごしました。

 

もちろんほとんど眠れませんでした。

 

後日に聞いたことですが、あの部屋の押入れで悲しい事件があったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ