魔除けの方法を試してみたら

私が中学2年の時の

お話です。

 

時期は夏休み。

 

クラスメイトのA子・B子・C子と

私の4人で、

 

A子の家でお泊り勉強会を

することになりました。

 

その日、私は、

 

ただ勉強するだけじゃ・・・

と思い、

 

稲川淳二の怖い話の本を

持って行くことにしました。

 

実はこの本、

 

読書感想文のために買った、

まだ未読の本。

 

 

A子の家で4人、

 

夏休みの宿題を

こなしていました。

 

お互い解らない所は

教え合い、

 

かなり捗りました。

 

時間も随分と経ち、

 

ひとまず勉強は終わりに

することになりました。

 

私は待ってましたと

言わんばかりに、

 

淳二の本を出しました。

 

そこで、

 

C子がそれだけじゃ

ツマンナイからと言って、

 

ある物を持って来ていました。

 

C子はオカルト好きで、

よく休憩時間に教室で、

 

ネットで見つけた怖い話を

してくれるような子でした。

 

C子が持って来てくれた物は、

 

①、ロウソク5本

②、ライター

③、正方形の白い紙

④、白い粉(塩)

 

C「ネットで怖い話をするときの

魔除けを見つけた」

 

と言っていました。

 

怖がりのB子は、

 

B「なんか怖いからやめよ?」

 

と言いましたが、

 

A「みんな居るから大丈夫だって」

 

A子の一言で

渋々承諾しました。

 

その方法とは・・・

 

部屋の四隅に

ロウソクを立てる。

 

さらに、

 

白い紙の中央には

赤ペンで鳥居を書き、

 

その上に盛り塩をして

ロウソクを立てる。

 

これを囲むように

場の人間が集まる。

 

5本のロウソクに火を点け、

部屋の電気を消した。

 

私の向かいには、

 

火を点け終えたC子が

座りました。

 

いよいよ始まりました。

 

私は読書感想文を

兼ねていたので、

 

1話からじっくり朗読して、

みんなに聞かせました。

 

初めはみんな真剣に

聞いていましたが、

 

4話目を過ぎた頃から、

 

「あれでしょ、その話」

「あ、知ってる」

 

とか、茶々を入れるように

なってしまいました。

 

そこでC子が

名乗りを上げました。

 

ネットで拾ったらしい

その話とは、

 

すれ違いざまの通行人が

一言呟くオチのもの。

 

話しも終盤にかかり、

 

C「・・・こっちに向かって

来る人がいました。

 

すれ違う瞬間、

その人は・・・

 

呪ってやるぅ!!」

 

C子が声を荒げながら

決め台詞を言いました。

 

その瞬間でした。

 

B子の後ろにある

ロウソクの火が消え、

 

私たちは一斉に

悲鳴を上げました。

 

気が付くとC子と私は、

A子に抱き付いていました。

 

A「・・・B・・B・・子?」

 

B子は暗闇を背に、

 

盛り塩のロウソクを

見つめていました。

 

A「B子!」

 

B子がスーと、

顔を上げました。

 

その時、

 

B子の後ろ側の

部屋の隅から一斉に、

 

『ゴッゴッぎぎぎ~ゴッざざゴッ

ぎゅぎゅぎゅ~ゴッゴッゴッ』

 

大勢が壁を叩く音と、

引っ掻く音が鳴りました。

 

再び、私たちは

悲鳴を上げました。

 

次の瞬間、

部屋のドアが開きました。

 

A子の両親でした。

 

A子の両親は

部屋の雰囲気を感じ取り、

 

私たちの親を呼び、

お泊り会は解散となりました。

 

その後、

 

私は両親に外出を

許してもらえず、

 

彼女たちとは電話での

やり取りのみとなりました。

 

しかし、

 

私はあの日の

B子を思い出すと、

 

どうしてもB子だけには

電話が出来ず終いでした。

 

A子とC子も

同じだったようです。

 

出禁が解け、

 

夏休みが終わって

始業式の日。

 

B子は欠席でした。

 

その日、

A子とC子と私の3人で、

 

B子の家に行きました。

 

どれだけ呼鈴を押しても

誰も出て来ません。

 

3人は諦め、

帰路につきました。

 

C「あっ!」

 

A子と私は、

C子の指先を見ました。

 

白いカーテンの掛かった、

2階の窓。

 

が、そこには

誰も居ませんでした。

 

それから暫らくして、

 

ホームルームで担任の先生が

B子の転校を告げました。

 

そして、先生も親も、

 

B子の行き先については

何も教えてくれません。

 

B子は何処へ

行ったんだろうか・・・。

 

今思うと、

 

子供の頃の好奇心が

恐ろしく感じます。

 

そして今、

気が付いたことがあります。

 

白い紙に書かれた

鳥居の向き・・・。

 

B子から向かって正面が

入り口だったのではないかと・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ