タクシーに乗せた老婆

友達の友達のお父さんのお話です。

 

ある夏のこと、

タクシー運転手のお父さんは、

着物を着た老婆を乗せて、

葬儀場まで向かっていたそうです。

 

その老婆は乗ってからずっとうつむいたまま、

一言も喋ろうとしませんでした。

 

「きっと、身内の方が亡くなられたんだろうな・・・」

とお父さんは考えていました。

 

目的地の葬儀場の前に着くとタクシーを停め

「失礼ですが、身内の方の・・・?」

とお父さんは初めて老婆に質問しました。

 

すると、うつむいたままの老婆は、にやっと口元を歪め、

葬儀場の中を人差し指で指したそうです。

 

お父さんは理解出来ずタクシーを降り、

とりあえず確認だけしようと思い、

「少し待っていて下さい」と老婆に声を掛け、

葬儀場の中に入ると、そこにはその老婆の

遺影が飾られてたそうです・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ