鬱の気がある友人の母が言うには

プリン

 

友人の姉さんの話。

 

その姉さんにはご主人がいて、

 

そのご主人の母は

鬱の気があるのですが、

 

一人暮らしをされているそうです。

 

(母本人の意志とのこと)

 

ある日、

家に遊びに来ていた母の様子が、

 

いつにも増しておかしいことに

夫婦は気づきました。

 

「お母さん、

プリンあるから食べてね」

 

と言うと、

 

母は慌しくプリンを取りに行くと

テーブルの前に座り、

 

自分の前と、

 

左隣の誰もいない席の前に

一つずつプリンとスプーンを並べて、

 

まるで隣に小さな子供でも

いるかのように・・・

 

「ほら、食べなさい。

 

ん~、そう、美味しいの。

良かったね~」

 

と話していたらしいです。

 

それにその夜、

母を家に泊めたら、

 

夜中にトイレに起きた姉さんの耳に、

母が寝ているはずの部屋から、

 

明らかに誰かと会話をしている

母の声が聞こえたそうです。

 

もちろん、

相手の声は聞こえないので、

 

さすがにその姉さんもマズイ・・・

って思ったらしいです。

 

でもそれまでは、

 

まぁ鬱の気が強く出てるか、

薬のせいで幻覚でも見ているか、

 

くらいに思っていて、

 

後日病院へ話を聞きに行くつもり

ぐらいだったのですが・・・。

 

その数日後、

 

自宅へ戻っていた母から

夜中に電話が来たそうです。

 

「ボヤを出して大家に怒られている。

助けて」

 

慌てて夫婦は母の家に行ってみると・・・

 

玄関先からも明らかに焦げ臭い

ニオイがしていたらしく、

 

ご主人の方が先に部屋に入り、

 

母の様子を見て、

母が動揺しているようなので、

 

玄関先にいる姉さんに、

 

「入っておいで。

とりあえず燃えたカーテンを片付けよう」

 

と声を掛けてきたそうです。

 

でもそのお姉さんは、

玄関から動けなかったんです。

 

足がちっとも動かない。

 

立ったまま金縛りになったみたいに・・・。

 

その時の母とご主人の会話。

 

「・・・あのね。

 

どうして連れて来た?

って怒ってるの・・・」

 

「誰が?

誰が誰を連れて来て怒ってるの?」

 

「入れちゃダメだって。

 

入って来るなって怒ってる・・・

怖い・・・」

 

「誰が言ってるの?」

 

(下を指差して)この子・・・

 

「どこにも子供なんていないよ?」

 

話も分からないし、

 

仕方がないのでとりあえず

母を落ち着かせていると、

 

姉さんはやっと入って来れたそうです。

 

翌日、

 

姉さんはシャワーを浴びる時に

気づいたそうです。

 

両太ももに子供ぐらいの小さな手の跡が、

 

内出血しているぐらいに

はっきりと残っていることを・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ