廃屋の旧校舎でかくれんぼをしていたら

廃屋

 

私が幼稚園児の頃の話。

 

幼稚園の隣りに、

 

木造二階建ての廃屋が

ありました。

 

当時の私はその建物が

何なのか分からず、

 

(隣接大学の旧校舎らしい)

 

先生の「あそこで遊んではいけません」

という言葉を無視して、

 

毎日のようにその廃屋で、

 

友達とかくれんぼをしたりして

遊んでいました。

 

その日もまた、

 

友達数人とかくれんぼを

していました。

 

鬼はA君です。

 

A君は廃屋の外で

数を数え、

 

私たちは一斉に、廃屋内に

自分の隠れ場所を探しました。

 

私は二階の部屋にある、

 

アップライトピアノと

積み上げられた段ボールの間

(鍵盤の下側の空間)

 

に隠れました。

 

しばらくすると、

 

二階に上ってくる足音が

聞こえました。

 

その足音は、

 

私のいる部屋とは

反対にある部屋へ向かって

 

遠ざかっていきます。

 

息を潜めて隠れていると、

 

その足音が私のいる部屋に向かって

近づいて来ました。

 

部屋に人が入る気配を感じ、

さらに身体を低くして隠れました。

 

「どこー?どこー?」

 

という声が、

 

段ボールを隔てた

向こう側でしました。

 

あれ・・・?

これ・・・誰の声?

 

私はその声に聞き覚えが

ありませんでしたが、

 

鬼役のA君の声ではない

事は分かりました。

 

ただ、

当時の私たちには、

 

『遊び(かくれんぼ等)

途中から参加した人は、

 

最初は鬼をやる』

 

というルールがあった為、

 

誰かがA君と入れ替わって

鬼をやっているのだろう、

 

と思いました。

 

鬼は「どこー?どこー?」

と繰り返しながら、

 

部屋の中をバタバタと

歩き回っています。

 

結局、私は見つからないまま、

鬼は部屋を出ていきました。

 

どれくらいの時間が

過ぎたでしょうか。

 

「おーい!B君(私)とC君!

降参だから出て来てー!」

 

とA君の呼ぶ声がしました。

 

やった!勝った!と思い、

一階へ降りて行くと、

 

玄関を入った所に、

 

A君と見つかった数人の

友達が立っていました。

 

A君は私を見るなり、

 

「B君、今日は二階は禁止

って言ったじゃん!

 

見つかる訳ないよー」

 

と言うのです。

 

人数が少ない時は

二階を禁止して、

 

一階だけでかくれんぼを

する時もあった為、

 

私は、

 

「え?そうだった?

ゴメン・・・」

 

と謝ると、

 

「でも、さっき二階に

誰か探しに来たよ?

 

A君、誰かと鬼を

代わったんじゃないの?」

 

と聞きました。

 

「え?鬼は僕だよ。

誰とも代わってない」

 

とA君。

 

「あれ?C君は?」

 

誰かが言いました。

 

最後まで見つからなかったのは、

私とC君です。

 

その場にいた全員で、

 

「Cくーん!!」

 

と呼ぶと、

 

目の前の廊下の床下が、

ガバッと開きました。

 

出て来たのはC君です。

 

そこが収納スペースだったのか、

 

単に床板が脆くなって外れた

のかは覚えていませんが、

 

C君は廊下の床板を持ち上げ、

 

その下のスペースに

隠れていたのです。

 

「そんな所に隠れてたの?

すげえーC君!」

 

と皆が声を上げました。

 

次の瞬間、

 

「わぁーーーーーーっ!」

 

という悲鳴を上げて、

C君が駆け寄って来ました。

 

C君は自分が隠れていた

床部分を指差し、

 

「あれ、なんだよ!?」

 

と怯えています。

 

私たちは、

 

廊下にポッカリと開いた

穴に近寄りました。

 

真っ暗な穴の中を、

 

玄関から入る陽の光で

照らして覗き込むと、

 

そこには3センチほどの

小さな人形の右手だけが、

 

ギッシリと敷き詰められていました。

 

私たちは悲鳴と驚嘆の

声を上げ、

 

一斉にその場から

逃げ出しました。

 

それ以降も、

 

その廃屋で幾度となく

遊んだとは思うのですが、

 

もう全く覚えていません。

 

なぜ人形の手が、

 

あのような場所にあれだけ

大量にあったのかも、

 

全く分かりません。

 

ただ、あの床の穴を

覗いた時の光景は、

 

今でも鮮明に覚えています。

 

そして今では、

 

「どこー?どこー?」

という声の主は、

 

あの右手を探していたのでは

ないかと思っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ