「かくれんぼしようよ」と声はするが・・・

かくれんぼ

 

これは、知り合いの話。

 

小さい頃、彼はよく家の裏山で遊んでいた。

 

一人で遊んでいた時に、怖い思いをしたことがあるらしい。

 

土いじりをしていると、いきなり後ろから声をかけられた。

 

「かくれんぼしようよ」

 

驚いて振り向いたが、辺りには誰もいない。

 

それでも声は聞こえる。

 

子供のようだ。

 

「最初は僕が鬼になるよ。100数えたら探すからね!」

 

声は一方的にそう宣言すると、数を数え始めた。

 

「い~ち、に~い、・・・」

 

軽くパニックを起こしかけたが、それでも「隠れなくては!」と強く意識した。

 

幸い、見つかり難そうな岩陰を知っていたので、そこに隠れたそうだ。

 

しばらくすると、「どこにいるのかな~?」と楽しそうな声が追ってきた。

 

隠れている岩の前を何かが通り過ぎる。

 

ズンズンと重げな足音が聞こえた。

 

「どこ~?」という声が、異様に高い位置から降ってくる。

 

(僕のお父さんより、ずっと大きい!)

 

そう気がついてしまうと、もう歯の根も合わないくらいの震えに襲われた。

 

結局、彼は日が暮れて家族が探しに来るまで、隠れ場から動くことが出来なかった。

 

えらく怒られたそうだが、それでもホッとした気持ちの方が強かったという。

 

現在、彼は地元の消防団に入っており、時々行方不明者の捜索にも駆り出される。

 

そして不明者が子供だった時は、「例のかくれんぼで捕まったんじゃないか?」という気がしてならないのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ