着物を着た女の子との約束

着物

 

私の体験談。

 

だけど全く覚えてなくて、

親から聞いた話。

 

五歳の時、

 

姉の七五三の打ち合わせに、

母と祖母の家に行きました。

 

その帰り道、

 

「○○(私)も着物が着たい」

 

と私がしきりに言い始めた

そうです。

 

その理由が、

 

「チヨちゃんがかわいそうだから」

 

とのこと。

 

驚いて詳しく聞くと、

 

「倉を覗きに行ったら、

 

着物を着た女の子がいて

遊んでくれた。

 

お手玉や紙人形を

貸してくれた。

 

でも、鬼ごっこしよう

って言ったら、

 

お着物が重いから走れない

と断られた。

 

誰かが代わりに着てくれないと

脱げないと言うので、

 

○○(私)が代わりに着てあげる

約束をした

 

とのことでした。

 

作り話かとも思ったそうですが、

 

「チヨちゃん、ずっとお着物を

着てるんだって!

 

『ひゃくまんねんぐらい?』

って聞いたら、

 

『百万年は着てない、

60年ぐらい』

 

って言ってた」

 

と妙にリアリティのある

話をするので怖くなり、

 

「○○(私)ちゃんはもうお着物あるから

それは着てあげられないよ」

 

と説得し、

急遽着物をあつらえ、

 

私も七五三のお祝いを

したそうです。

 

アルバムを見ていて、

 

なぜ私だけ五歳の七五三の

写真があるのか、

 

不思議に思って聞いたら

こんな話を聞かされ、

 

今さらビビリまくっています。

 

ちなみに当時、

 

祖母の家から

半径数キロ以内に、

 

小さな女の子がいる家は

なかったそうです。

 

そんな怖い約束・・・

無効になっていますように・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ