道を尋ねる背の高い女

路地

 

「道を教えて下さい」

 

夕方の路地で

そう話し掛けてきたのは、

 

背の高い女だった。

 

足が異様に細く、

 

バランスが取れないのか、

ぷるぷると震えている。

 

同じように、

腕も木の枝のように細く、

 

真っ赤なハンドバッグを

ぶら下げている。

 

ハァハァと何度も、

 

溜息なのか呼吸なのか

分からない息を吐き、

 

僕に聞いているはずなのに、

 

視線は全く違う方向を

向いている。

 

「あ・・あの、どちらへ・・・?」

 

ヤバイ人っぽい。

 

僕は、早く答えて

立ち去ろうと思った。

 

「春日谷町1-19-4-201」

 

「・・・・・・」

 

そこは、僕のアパートの

住所だった。

 

部屋番号までぴったりと

合っていた。

 

「し、知りません」

 

僕は関わり合いたくないと

本気で思い、

 

とっさにそう答えた。

 

すると女は、

 

ゴキッと腰が折れ曲がるほどに

お辞儀をして、

 

またふらふらと路地の奥へと

消えて行った。

 

「超怖えぇ・・・」

 

僕はわざわざ遠回りをして、

アパートに戻ってきた。

 

部屋の鍵が掛かっている

のを確認し、

 

さっさと開けるが・・・

 

『道を教えて下さい』

 

真っ暗な部屋の中から

女の声がした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ