『!』マークの看板が立つ危険な場所へ

青山墓地のすぐ傍、

 

何の変哲もない

小さな路地に、

 

『!』

 

のマークが書かれた

看板が立っている。

 

そこは、地元では

 

相当ヤバイ場所として

有名らしく、

 

その噂がTさんの友達の

耳に入った。

 

その友達は霊などが

全然平気らしく、

 

試しに通ってみようと

思ったそうだ。

 

ある夜、その友達は自転車で

その路地に入っていった。

 

入ってみると、

 

何のことはない、

ただの暗い道。

 

どんどん進んでいった。

 

路地の先は坂になっていて、

さらに先には交差点がある。

 

「大した事ねぇな」

 

そう思いながら、

路地の中程まで来た瞬間!

 

ズシッ・・・

 

急に後ろが重くなったかと思うと、

耳元に吐息のようなものがかかった。

 

後ろを振り返れずにいると、

男の太い声で

 

「イソゲ・・・イソゲ・・・」

 

と囁く声が聞こえてくる。

 

怖くなった友達は

自転車を飛ばし、

 

あっという間に路地から出て、

坂道を下った。

 

しかし、

後ろは重いまま。

 

自転車も相当な速度が出ている。

 

このままでは交差点に突っ込む

と思ったので、

 

勇気を出して自転車を止めると、

後ろ目掛けて肘を喰らわした。

 

その瞬間、

 

フッと自転車が軽くなって

無事だったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ