「生きてるわよ!」と顔を上げると

ベンチ 公園

 

私は生まれつき肌の色がとても白い。

 

それも青白い。

 

日陰にいると真っ白に見えることもあるらしい。

 

体調が悪い時なんて土気色にすぐになる。

 

※土気色(つちけいろ)

土のような色。やつれて血の気のない顔色をいう。

 

そのくせ疲れやすい。

 

おととしの夏の盆祭り、夕涼みがてらに彼氏と出掛けた。

 

夏の夕方だったので、私は浴衣を着た。

 

浴衣といっても今時の流行のではなく、年配のおばさんが着ているような地味で白っぽいものだった。

 

人混みのせいか私はちょっと疲れたので、近くの公園で休んで彼氏にジュースを買いに行ってもらった。

 

一人になった途端、疲れからかベンチに座ってウトウトとしてしまった。

 

近くで子供たちが遊んでいるのだろうか、子供の声で「あのお姉さん生きてるかな?死んでるかな?」とクスクスと笑う声がした。

 

ちょっとムカッとした私は、「生きてるわよ!」と言って顔をあげた。

 

だけど公園には誰も居なかった。

 

そして、「キャキャキャ・・・」と楽しそうな子供たちの声だけが、私の前を移動していった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ