混んでいる電車で一つだけ空いていた座席

電車

 

俺自身に霊感はまったく無いのだが、

友人にはちょっとアレな奴がいた。

 

オカルトとかそういうのに

首を突っ込むのが好きで、

 

そういったものも見えるらしい。

 

彼を仮にSとする。

 

久しぶりに会って、

 

高校の時の思い出話やら、

最近遭遇した心霊体験の話を聞いた。

 

晩飯を食うのに良い店を知っていると言う

Sの話に乗って、

 

電車に乗り込んだ。

 

会社員と学生混じりに

そこそこ込んでいる車両だったが、

 

三人席が一つ空いていた。

 

俺が座りに行こうとすると、

Sが俺の服を引っ張ってそれを制した。

 

S「何で誰も座らないか分かるか?」

 

Sは、にやにや笑っていた。

 

オカルトが絡んでいる時は

いつも楽しそうに笑う奴だから、

 

俺は「あ、やばいんだな」と思った。

 

そういえば三人席が空いているのに、

 

まわりの学生や会社員たちは

誰もそこに座ろうとしない。

 

「・・・わかんねえけど」

 

S「ほんっと鈍いよなあ。

まわりがこれだけ避けてるのによお」

 

「何をだよ」

 

S「お前、明らかにズブ濡れで

陰気な男が座ってたら、

 

避けるだろ普通。

 

座りたければど~ぞ。

俺は責任持てないからな」

 

と、にやにや笑うSの言葉が

本当かどうかは分からないが、

 

確かに車両全体の空気は少しおかしかった。

 

車両内に居た人間全てが、

それを見たわけでもないらしい。

 

S「本当に見えていたのは一部で、

 

あとはなんとなく『座っちゃいけない』

という雰囲気を感じていただけだと思う。

 

まあ、お前そういうのに鈍感だしな」

 

電車の中に幽霊が紛れていることは、

よくあるらしい。

 

気付かないでそこに座ることも

少なくないから気をつけろよ~

 

とも言われたけど、

 

そういう気配に疎い俺には

対処法が分からなかった・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ