ガラスの瓶を異常に怖がる理由とは

瓶の蓋

 

俺の知り合いに、

瓶を怖がる女性がいる。

 

コーラ瓶や一升瓶はもちろん、

醤油の小瓶も触れない。

 

そんな彼女に聞いた話。

 

ジュースの容器といえば

ペットボトル主流の現在だけど、

 

彼女が子供の頃はほとんどが瓶だった。

 

そのオレンジジュースも瓶だった。

 

広口の四合瓶で、

蓋を回して開ける肉厚のガラス瓶。

 

これが爆発した。

 

目の前で。

 

製造の段階で紛れ込んだ雑菌が

瓶内で繁殖して発酵し、

 

ガスが発生して膨張・・・

 

発酵爆発という説明を受けたのは、

ずっと後のこと。

 

母親とお買い物から帰った彼女は、

買ってきたジュースを飲みたいとねだった。

 

「それじゃあ戸棚からコップを

取って来てちょうだい」

 

喜んで戸棚に駆け出した娘を見ながら、

母親は言った。

 

買い物袋からジュースの瓶を取り出し、

蓋を捻ろうと手をかけた。

 

ドカンという音と悲鳴に驚いて、

近所の人が駆けつけた。

 

そして見たものは・・・

 

両手の肉がグチャグチャになったまま、

呆然と立ち尽くす母親。

 

その両手から噴き出す鮮血を、

両手で持ったコップに必死で受け止める娘。

 

「こぼれちゃう!こぼれちゃう!」

 

と叫んでいたと言う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ