なかなか切れない餅との格闘の末に

万能包丁

 

これは私の身に起きた、

とても恐ろしい出来事です。

 

ある夜中に空腹で目が覚めた。

 

しばらく布団の中で、

 

何か食べようか、

それとも空腹を堪えて寝てしまおうか、

 

と逡巡していたが、

 

※逡巡(しゅんじゅん)

決断できないで、ぐずぐずすること。

 

ふと、近所からおすそ分けしてもらった餅が

冷蔵庫にしまってあることを思い出し、

 

起き上がって台所へ行った。

 

電気を点けようとしたが、

 

もともと切れかけていた蛍光灯は

とうとう寿命が尽きてしまったらしく、

 

点きそうもない。

 

しかし、蛍光灯の明かりは無くとも、

 

薄暗い小さなランプの明かりだけで

餅を切って焼くくらいなら問題なかろう、

 

と判断して、

冷蔵庫から餅を取り出した。

 

包丁で餅を切り分けようとしたが、

 

いつもなら簡単に切れるはずの餅が、

その時に限って切れない。

 

冷蔵庫にしまって置いたから、

冷えて固くなりすぎてしまったのかな・・・

 

と考えた私は、

手にさらに力を込めて切ろうとした。

 

しかし、

餅は頑なに包丁の刃を拒んだ。

 

イラついた私は包丁の背に手を当て、

グイグイと押すようにしたが、

 

餅にはキズ一つ付かなかった。

 

1~2分ほど餅と格闘しただろうか。

 

私はついに握り拳をつくり、

包丁の背にドンドンと打ちつけ始めた。

 

しかし、それでも餅には、

包丁の刃がめり込むことはなかった。

 

その刹那、

 

背筋に寒気のようなものを感じた私は、

薄暗い明かりの中で手元をよく見た。

 

私は、包丁の背を餅に当てていた・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ