告知義務がある物件に住んでみたが

アパート

 

20年ほど前になるが、

激安の『告知物件』に住んだことがある。

 

※告知物件

賃貸物件においては、自殺や殺人、事件や事故による死亡があった場合、または嫌悪施設(葬儀場や産業廃棄物処理場、風俗営業店、暴力団事務所など)がある場合は契約前に告知する義務がある。

 

一人暮らしのお婆さんが孤独死した、

訳ありなアパートだった。

 

平和な老衰だし、

 

「90歳過ぎの大往生で

化けて出ることもねぇだろう」

 

と、不動産屋と笑っていたんだけど・・・

 

ギブアップして、

二ヶ月で部屋を出た。

 

ウジと湿気が異様に凄かった。

 

床に置いた革のバッグや雑誌には、

すぐに青カビが生えた。

 

食べ物も腐るのが早くて、

 

クジラのジャーキーなんかは

3日でウジだらけになった。

 

不動産屋に鍵を返しに行ったら、

 

「やっぱり人間を食ったウジは

威勢がいいのかね~」

 

と、笑いやがった。

 

詳しく訊いてみたら、

 

お婆さんの遺体が発見されたのは、

死後一ヶ月後。

 

周囲が死臭に気づく時期って、

人間の『腐りの盛り』だという。

 

畳替えの時には、

 

布団を敷いていた下の床部分まで、

油染みがベッタリだったそうだ。

 

ちょうどそのあたりにテーブルを置いて、

俺は飲み食いしていた・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ