彼らには見えてはいけないものが見えていた

神社

 

小学生の時、近くの神社で写生大会があった時の話。

 

俺は、友達二人と神社の横にある大きな木を描いていた。

 

単に木が一番描くのが楽だろうと思ったからだ。

 

ちなみに、この友達二人は双子の兄弟だ。

 

描き始めて一時間ほど経った頃、その兄弟の絵を覗き見た。

 

すると、俺の絵には無いものが描かれていた。

 

それは、木に何本も刺さった『斧』や『のこぎり』だった。

 

しかも、兄弟して同じ場所に描いている。

 

俺が見る限り、実際の木には何も刺さってはいない。

 

だけど彼らは口を揃えて「いっぱい刺さってんじゃん」と言う。

 

もう一度よく木を見たが、やっぱり何も刺さっていない。

 

俺の言動を察したのか、そのうち二人で何か会話を始めた。

 

「あれ描く?」

 

「やめようよ、先生に怒られるし」

 

「可哀想だね」

 

俺には全く意味不明な会話だった。

 

それから10年以上が経ち、その双子の兄弟は一人が自殺し、もう一人が失踪した。

 

きっと、正也と和也には見えてはいけないものが見えていたのだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ