介護に疲れた母が買ってきた人形

日本人形

 

うちの祖母が亡くなる直前の話。

 

祖母は介護が必要で、

母が介護していたのだけれど、

 

介護って相当疲れるらしく、

母の方がノイローゼっぽくなり始めた。

 

ある日、母が珍しく、

ニコニコしながら帰ってきた。

 

祖母におみやげと言って、

一体の日本人形を買ってきた。

 

母が言うには『神様が宿る人形』らしいが、

 

私はそれを見た瞬間、

気味が悪い人形だと思った。

 

それでも、

母の機嫌が良いので放っておいた。

 

しかしその日から、

 

祖母が夜中になると「ヒーッ、ヒーッ」と

苦しそうな声を出すようになり、

 

その度、母が起きて看病していた。

 

そんなある日のこと、

 

夜中にまた「ヒーッ、ヒーッ」と

祖母の苦しそうな声が聞こえ、

 

そっと祖母の部屋を覗いて見ると、

祖母の隣で母が人形の首を絞めていた。

 

それから1ヶ月くらい経った頃、

祖母は亡くなった。

 

そして母は今、

精神病院に入院している。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ