怖いくらい異常な兄の習性

金槌

 

俺が4歳の時の話。

 

10歳年上の兄が時々、

 

庭で歌を歌いながらゴンゴンと

何かを叩いているのに気付いた。

 

前々から気になっていたので

窓ガラス越しにそっと覗いてみると、

 

大きな金槌で猫の足を潰していた。

 

俺はそんな兄がすごく怖かったから、

毎晩母親と一緒に寝ていた。

 

ある晩、ふと目を覚ますと、

 

兄が母の顔をじっと覗き込んで

クスクス笑っていた。

 

俺はますますそんな兄が

嫌いになっていった。

 

いや、怖かったのかも知れない。

 

5歳の誕生日に、

父からハムスターを買って貰った。

 

俺は毎日ハムスターと遊ぶのが

本当に楽しみだった。

 

ある休日の日、

 

兄と二人で過ごさなければ

いけなかった。

 

母が用意してくれたご飯を食べていると、

兄がクスクスと笑っている。

 

俺も何故か可笑しくなって

クスクス笑ってみると、

 

兄はとても嬉しそうな顔をして

クスクス笑った。

 

すると突然、

 

兄は俺の目の前で口を大きく開き、

舌を大きく前へと突き出した。

 

舌の上にはグチャグチャになった

ハムスターが乗っていた。

 

そこから前後の記憶が定かではないが、

あまりの恐怖で失禁した事は覚えている。

 

それから1年半後、

兄は失踪した。

 

以後16年間、

何の音沙汰もない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ