うちのハムちゃんの話

ハムスター

 

可愛がっていたうちのハムちゃんが、

いきなり私の指を噛みました。

 

こんなに可愛いハムスターが

人を噛むワケがないと思い、

 

手術をしてあげることにしました。

 

ハムちゃんごめんね・・・

すぐ良くしてあげるからね・・・

 

と言って慰め、

 

手足を押さえてハムちゃんのお腹を

ハサミでちょきちょきと切って、

 

悪いものを取り出そうと探してみました。

 

お腹の皮を切ってあげている間、

 

何度も何度もハムちゃんは

私の指を噛みました。

 

ピィーピィーピィーと、

悲しそうな声で鳴きました。

 

『早くボクの中の悪いものを取り出して!』

 

と懇願しているようです。

 

早くハムちゃんの体の中に取り憑いている

悪いものを取り除かないと、と思い、

 

必死でハムちゃんのお腹を探りました。

 

そしたら、

 

赤黒いニュルニュルしたものが

いっぱい出てきたので、

 

取り出してあげました。

 

それは生き物のように動き、

とても気持ち悪かった。

 

ハムちゃんの様子が落ち着いたので、

お腹を糸で縫ってあげました。

 

今はスヤスヤと眠っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ