患者が集まる精神病院の果て

格子窓

 

今から60年前のことである。

 

ある地方都市に不幸な女がいた。

 

彼女の名を仮にA子としよう。

 

A子は動物園の飼育係である。

 

その頃、動物たちは食料や薬の不足で次々に死んでいた。

 

A子にとって動物たちの最後を看取るのは、とても辛く悲しいことだった。

スポンサーリンク

A子に待ち受けていた運命とは・・・

A子の夫は出征中であり、姑との二人暮しだった。

 

姑は結婚してからも仕事を辞めようとしないA子のことを、あまりよく思ってはいなかった。

 

その頃、戦局は日々悪化の一途を辿っていた。

 

大都市は連日のように空襲に見舞われ、A子の住む地方都市にも空襲があるかも知れないと言われ始めていた。

 

そのような中で、動物園には軍からの過酷な命令が届いた。

 

空襲時に逃亡の危険があるため「猛獣たちを抹殺せよ」、ということだった。

 

小さな動物たちは死に絶え、残っていたのは猛獣や大きな動物たちだけだった。

 

軍の命令に逆らうことは出来ない。

 

動物たちの抹殺は、餌に毒を混入するという形で行われた。

 

毒の入った餌を持って行くのはA子の役目だった。

 

毒の入った餌を食べても、動物たちはすぐに死ぬことは無かった。

 

暫くの間は悶絶し、やがてぐったりと息絶えるのだった。

 

残っていた動物たちは全て居なくなり、園は閉鎖された。

 

A子は、動物たちの悲惨な最期を映した悪夢に苦しめられるようになった。

 

園が閉鎖されてから、A子の気分が晴れることは一切無かった。

 

そんな彼女に、さらに追い討ちをかけることが起きた。

 

彼女の夫が『戦死した』という知らせが届いたのだった。

 

彼女の元に、骨壷とは名ばかりの粗末な箱が送られてきた。

 

中に入っている骨の欠片が、果たして夫のものかどうかも分からなかった。

 

その頃から、A子の精神は変調を来たし始めた。

 

A子の奇行が目立ち始めたのは、夫の葬式が終わった頃からだった。

 

何もいない空間に向かって動物がいると言い、餌をやろうとする。

 

帰って来るはずのない夫が帰って来ると言い張り、食事や服の準備をする。

 

しかし、これらはまだマシな方であった。

 

同居している姑を最も悩ませたのは、A子が時として動物たちを殺害する指示を出した

軍への悪罵を怒鳴り散らすことであった。

 

姑は、この事に慄いた。

 

もし、軍への罵声を警察や憲兵に聞かれたら・・・。

 

姑は近所の人たちの手を借りて、A子を病院へ連れて行った。

 

医者はすぐにA子を精神異常と認め、市内にある大きな精神病院へ入院させた。

 

入院してからも、A子の病状はよくならなかった。

 

この頃の病院は人手と物資の不足から、満足な治療が出来る状態ではなかった。

 

薄暗い病棟の中で、A子は相変わらず居もしない動物が居ると言ったり、餌をやろうとしたりしていた。

 

ある日、憲兵が院長との面会のためにやって来た。

 

憲兵が院長室に向かって廊下を進んでいると、その姿を見たA子は突然騒ぎ出した。

 

「こいつ等だ!こいつ等が皆を殺したんだ!」

 

そう叫ぶと、A子は憲兵に飛び掛ろうとした。

 

A子はすぐに、近くにいた医師たちに取り押さえられた。

 

傍にいた院長は青ざめた表情でA子の独房入りを命じた。

 

A子は医師たちに引き連れられていった。

 

院長は恐る恐る、憲兵の顔色を伺った。

 

だが、意外にも憲兵は気分を害した様子も無く、涼しい顔をしていた。

 

院長はほっと胸を撫で下ろした。

 

A子はしばらくの間、独房へ閉じ込められた。

 

憲兵が来た日から、病院の様子が変わり始めた。

 

患者が増え始めたのである。

 

その多くは、県内や近県の小さな病院からの転院者だった。

 

症状の軽い患者の一人は、医師に何故最近患者が増え始めたのか質問した。

 

医師は、空襲に備えて各地の小さな精神病院が普通病院に改修され始めた為、と答えた。

 

この頃、空襲は一段と激しさを増していた。

 

家々には灯火管制が敷かれ、夜の町は真っ暗だった。

 

町のあちこちに防空壕が掘られていた。

 

病院の変化は、それだけではなかった。

 

患者が増える度に、医師たちは治療をする気を喪失していくようだった。

 

少し経つと、病院は患者で満杯になった。

 

ある夜、A子は空襲警報のけたたましいサイレンの音で目を覚ました。

 

A子は、ぼんやりとした表情で天井を眺めた。

 

異常をきたしているA子にも、病室の中が妙に明るいことが分かった。

 

灯火管制のための黒い布が取り払われていた。

 

A子は、鉄格子越しの窓から外を眺めた。

 

小高い丘に建っている病院の窓からは、町の多くを眺めることが出来た。

 

外は闇だった。

 

灯火管制が行われていないのは、この病院だけだった。

 

A子はふらりと廊下へ出た。

 

病院の中は異様な静けさだった。

 

患者たちは皆、鎮静剤で眠らされていたのである。

 

医師や看護婦たちは誰一人として残っていなかった。

 

医師の部屋に放置されたラジオは、敵機の編隊がこの町に迫っていることを伝えていた。

 

何故、この病院の患者が急に増えたのか。

 

何故、医師たちは患者を治療する気を無くしてしまったのか。

 

そして何故、今この病院だけが灯火管制が行われていないのか。

 

錯乱状態のA子に、そのようなことが分かるはずがなかった。

 

敵機の爆音は、すぐそこまで迫っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ