近所の人たちから頂く沢山のおすそ分け

お裾分け お鍋

 

それは、

一年くらい前から始まっていた。

 

「これ多く作り過ぎちゃったから」

「田舎からたくさん送ってきたから食べて」

・・・・・・

 

近所の人たちが料理や食料品などを、

頻繁にウチへ持ってくるようになった。

 

ウチでも器を返す時に、

 

中にお菓子などをお返しに入れたりして

持って行ったけれど、

 

「そんな無理しなくていいのよ・・・」

 

と言われる。

 

しまいには、

 

「今日、ウチの子が風邪で学校を休んで、

友達が給食のパンを届けにきてくれたから、

 

給食の物で悪いけど食べて」

 

と持ってきた人がいた。

 

母と二人して、

これは絶対おかしい!と思い、

 

最近、近所の人たちが食料品を

持ってくることを言うと、

 

「お宅、大変なんでしょう?」

 

と心配そうな顔で言われた。

 

詳しく聞いてみると、

ウチの近所の家の約20軒に、

 

『○○(ウチの苗字)です。

 

突然で大変恐縮ですが、

 

一家の大黒柱でありながら、

先日失業いたしました。

 

我が家の経済事情により、

明日食べる物も困っている状況です。

 

どうか、娘と息子の食べる分だけでも、

何か分けていただければ幸いです。

 

恥を忍んでお手紙させていただきました。

 

息子と娘には失業云々を知られたくないので、

事情を察していただければと思います。

 

(以下省略)

 

という内容の手紙が、

和紙に筆で達筆な字で書かれていて、

 

各家の郵便ポストに入れられていたと

知らされました。

 

それも、各家一通一通、

内容が微妙に違っており、

 

『破産宣告を受けた』

『生活に困って車も売却する予定』

・・・・・・

 

などと、

ありもしないことが書いてありました。

 

もちろん、ウチの父が失業したとか、

経済難という事実は一切ありません。

 

近所の人づてに怪文書を集めると、

 

全部で20枚ほどになり、

警察に被害届けも出しましたが、

 

犯人も捕まっていないし、

何が目的なのか・・・

 

犯人の心当たりもありません。

 

世間では最近、市役所のトイレに、

 

お金と一緒に筆文字の手紙が

置かれた事件をテレビで見た時は、

 

我が家で起こった事と重なって、

凄い恐怖感を覚えました。

 

近所の人たちの話では、

 

朝刊を取ろうとしたら

ポストに入っていたそうです。

 

気持ち悪いし、

凄く怖い・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ