執拗に迫り続けるクラスメイト

教室 学校

 

今から40年ほど前、

まだ中学生だった時のこと。

 

その頃の女子たちは、

 

仲良し同志でお弁当を一緒に食べたり、

トイレまで一緒に行く風潮があった。

 

私はマイペースな人間だったので、

 

休み時間は太宰やゲーテ、

ラーマーヤナを夢中で読んでいた。

 

私は気ままに休憩時間を楽しんでいるのに、

ある日、同じクラスの女子から手紙が・・・

スポンサーリンク

しつこく付きまとう彼女が怖い・・・

『あなたは孤独ね。

私も孤独なの。

 

孤独な者同士、

お友達になりましょう』

 

うっとうしいと思った私はすぐ、

 

「自分は好きなようにやってるんで

構わないでください」

 

と、お友達拒否宣言。

 

だけど、降るように送られる便せんに、

びっしりと書かれた手紙。

 

そして、

行く先々に私を見ている彼女の影。

 

ずっと無視していると、

 

「あなたが私に答えないのは、

何かに圧力を受けているから。

 

私たちはこの世を救うべく、

○○の命を受けて・・・(以下省略)

 

その頃、時を同じくして、

私の上履きに詰められる泥やガラス片。

 

早朝の張り込みで、

誰がやるのかを確認した。

 

案の定、彼女の仕業。

 

泥バケツを持って軍手をしている彼女は、

「私じゃない!」と泣きじゃくる。

 

玄関に駆けつける先生に連れられて、

私達は校長室へ。

 

私達の言い分をそれぞれ聞いて、

校長は言う。

 

「仲良くしなきゃいけません。

ケンカ両成敗です。

 

さあ、二人とも握手して。

 

あなたも意地を張らないで、

お弁当ぐらい一緒に食べよう」

 

その時、彼女と握手した感触が、

パサパサに乾いた手の平だった。

 

まるで、蛇と握手しているみたい・・・

と思ったのが忘れられない。

 

そのすぐ後のことだった。

 

彼女の家が火事に。

 

彼女はすぐどこかへ引っ越してしまった。

 

私は正直ほっとした。

 

そして先日・・・

 

彼女の姿を同窓会で見かけて、

当時の恐怖が蘇ってしまった。

 

「あら、お懐かしい。

また前のように仲良くしたいわ」

 

と彼女は笑っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ