ドライブ中に耳元で聞こえた悲鳴

ドライブ 夜の山

 

もう28~29年くらい前の話だ。

 

高校を卒業して埼玉県で就職し、

半年くらいで中古車を買ったんだ。

 

車を手に入れた事が嬉しくて、

 

仕事が終わるとそのままドライブに

行く事が多かった。

 

ある日、秩父の方まで足を伸ばして

山の中を流していたら、

 

突然、耳元で『幼い子の悲鳴』というか、

断末魔みたいなものが聞こえたんだ。

 

当然、急ブレーキをかけた。

 

霊体験なんて今まで無かったから、

車を路肩に止めてガタガタ震えた。

 

夜なので止めておくのも怖いのだが、

 

嫌な汗はかくし、

足は震えて言うこと聞かないし・・・

 

とにかくパニックだった。

 

それでもカーステのボリュームを上げて、

さっきのは幻聴だと言い聞かせ、

 

なんとか住んでいる町まで戻った。

 

それから3週間後くらいだったかな。

 

テレビのニュースを見ていたら、

あの時に車で走った山が映っていて・・・

 

原稿を読んでいるキャスターが、

 

「宮崎勤被告が、殺害した女の子を

焼いた場所を自供しました」

 

と伝えている。

 

瞬間、

目の前が真っ暗になった。

 

未だにあの断末魔のような悲鳴が

耳にこびりついている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ