木守りという風習に背いたら

柿

 

木守りという風習を御存知でしょうか。

 

実った木の実を全て取り入れてしまわず

いくつか残す風習は昔からあって、

 

取り入れずに残した実のことを、

木守り(きまもり)と呼びます。

 

諸説ありますが、

 

来年もまた沢山の実をつけてくれるように、

という願いを込めた行為です。

 

これは、私の祖父の姉が、

子供の頃に体験したお話です。

 

祖父の家の裏山には、

大きな柿の木があります。

 

その柿は渋柿で、

毎年干し柿をたくさん作っています。

 

祖父の家では、

一本の縄に10個ずつ柿を吊るします。

 

それがずらっと並ぶと壮観です。

 

良い具合に干された頃に、

猿がやってきて盗んで行く事もあるそうです。

 

毎年、学校から帰ると、

 

お婆ちゃん(祖父の祖母)と姉、

弟と一緒に干し柿作りをしていました。

 

その年の秋も裏山の柿の木は、

鈴生りに実をつけていました。

 

※鈴生り(すずなり)

果実が神楽鈴(かぐらすず)のように、たくさん群がりなっていること。

 

お婆ちゃんは風邪をこじらせ

寝込んでしまっており、

 

祖父と姉が干し柿作りを任されました。

 

柿の実は父親が取り入れてくれており、

皮を剥いて縄に吊るすだけです。

 

祖父と姉は数日掛かりで作業をしました。

 

そろそろ終わりに近付いた頃、

 

姉は柿の実の数が少し足りない事に

気がつきました。

 

柿が7個しかありません。

 

几帳面な姉は、

 

木にいくつか残っていた事を思い出して、

見に行きました。

 

ちょうど3個残っています。

 

姉は少し考えたのですが、

区切りが良いので取ることにしました。

 

家に戻って竹の棒を持ち出し、

 

竹の先の切れ込みに柿の枝を挟んで

(ひね)ると簡単に取れます。

 

3個目の柿を取った時に、

 

「ギャーッ」という鳴き声が

聞こえたそうです。

 

驚いて怖くなったのですが、

 

きっと鳥の鳴き声だろうと思い、

そのまま家に帰りました。

 

翌日、父親から柿を全部取ったことを

きつく叱られたそうです。

 

秋も過ぎて山の木の葉も全て落ち、

もうじき雪が降り始める頃の事です。

 

裏の畑に大根を取りに行った姉は、

ふと山の柿の木に違和感を感じました。

 

柿の実が一つ、

木に成っています。

 

全部取ったはずなのにおかしいな・・・

 

そう思った姉は、

木の近くに見に行きました。

 

じっと柿を見ていると、

 

突然、柿が能面のような

真っ白い女性の顔に変わり、

 

「お前の右足を食べたいねえ」

 

と言った途端にポトリと落ち、

コロコロと転がってきては、

 

真っ赤な口を開けて、

姉の右スネに齧(かぶ)り付きました。

 

姉は痛みと恐ろしさで、

夢中で家に駆け戻りました。

 

家に入って足を見ても何もなく、

不思議と傷もついていなかったそうです。

 

母に話したのですが、

気のせいだと笑って聞き流されてしまいました。

 

翌日、友達何人かと一緒に、

学校から帰る途中の事です。

 

通学路の途中にある、

桜の木の下に差し掛かった時、

 

上から「ギャーッ」という

鳴き声が聞こえたので、

 

パッと目を向けた瞬間、

体中が動かなくなりました。

 

枝に柿が二つ、

ぶら下がっています。

 

柿を見たまま動けないでいると、

 

そのうちの一つが昨日のように

真っ白い女性の顔に変わり、

 

「お前の右足は美味かったよ」

 

そして、

もう一つが白髪の老婆に変わり、

 

「私は左足を食べたいねえ」

 

と言って二つともポトリと落ち、

コロコロと転がってきては、

 

真っ白い女性の方は姉の右スネに

入ってしまいました。

 

白髪の老婆の方は真っ赤な口を開けて、

姉の左スネに齧り付きました。

 

痛いと感じた途端に体が動くようになり、

左足の老婆も消えていました。

 

周りを見ると、

友達はポカーンとこちらを見ています。

 

姉が、声が聞こえなかったか?と訊いても、

「何も聞こえなかった」と言い、

 

柿がなかったか?と訊いても、

「何もないよ」と言います。

 

それよりも急に立ち止まったので、

 

お腹でも痛くなったのかと

心配したと言います。

 

恐ろしくなった姉は急いで家に帰り、

 

お婆ちゃんに昨日今日の事を

泣きながら話しました。

 

話した後も恐ろしくてたまらないので、

布団に入って泣きながら震えていました。

 

これはただ事じゃないと思ったお婆ちゃんは、

寺の住職様に相談しに行きましたが、

 

まともに取り合ってもらえませんでした。

 

他に頼る当てもなく、

途方にくれたお婆ちゃんは、

 

その日は一睡もせず、

仏壇の前で御先祖様に、

 

「何とか姉を助けてやって下さい」

 

と繰り返しお願いをしたそうです。

 

お婆ちゃんがお祈りしている晩、

姉は夢を見ました。

 

暗闇の中から真っ白な着物を着た

男の人が現れ、

 

姉の前に正座して深々とお辞儀をした後、

こう言いました。

 

「力が及ばず誠に申し訳ない。

全部は許してはもらえなかった」

 

そして、

また深々とお辞儀した後、

 

ゆっくりと立ち上がり、

また暗闇の中に消えて行きました。

 

翌日に目が覚めた後、

 

お婆ちゃんに話をすると

姉を抱きしめて泣き出し、

 

「ごめんね、ごめんね、

何もしてやれずにごめんね」

 

と、姉と一緒に大泣きしたそうです。

 

それから何をするにも、

姉にお婆ちゃんが付き添いました。

 

ところが、

 

おかしな事は昨日を最後に

全く起こりません。

 

一ヶ月が過ぎ、

二ヶ月が過ぎても何も起こらないので、

 

だんだんとお婆ちゃんとも離れ、

以前の生活に戻りました。

 

三年目の夏、

 

お婆ちゃんは肺炎にかかって

亡くなりました。

 

そして秋になり、

柿の実が色づいてきた頃、

 

姉は裏での畑仕事の最中に、

右足で釘を踏み抜いてしまい、

 

その傷が化膿してしまって

右足の膝下を切断しました。

 

ただ、それ以降は無病息災で、

何事もなく平和に生活できました。

 

 

その姉も、2007年8月に、

83才で大往生いたしました。

 

自宅で寝ている最中に

自然と息を引き取ったので、

 

天寿を全う出来たのだと思います。

 

姉のお婆ちゃんの命日と1日違いなのは、

ただの偶然でしょう。

 

姉の生前の口癖は、

 

「私は欲をかいたばっかりに、

右足を無くしたんだよ。

 

御先祖様とお婆ちゃんの力が無かったら、

生きていないかも知れない。

 

お前たちも、足るを知って

慎み深く生きなさい」

 

※足るを知る

今を満ち足りたものとし、現状に不満を持たない。己の身の程を知り、それ以上を望まないこと。

 

私の祖父はもちろん、

姉の子供たちも繰り返し聞いた言葉です。

 

私も自分の心に刻んで、

大切に守っていこうと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ