トラウマになってしまった出来事

トマト

 

ある時期からトマトが食えなくなった。

 

まだ小学4年生だった時、

 

踏切での飛び込み自殺を

目の当たりにしたことが原因だ。

 

近所の人気のない線路沿いには、

遊具が3つばかり置いている空き地がある。

 

俺はそこのベンチに座り、

 

棒付きのキャンディーを舐めながら

線路に背を向けていた。

 

すると、

 

バンッ!という大きい音と共に、

突然ベシャベシャベシャ・・・と、

 

後ろの方から無数のトマトが降ってきた。

 

とっさに振り向くと、

だいぶ先の方で電車が止まっている。

 

その時に俺は何故か、

 

「電車の窓からトマトを

投げつけたやつがいる!」

 

と思ったのを覚えている。

 

しかし自分の足元を見ると、

どうもトマトではない・・・

 

誰かの『肉塊』だった。

 

のちに色々と知識がついてくると、

トマトの種っぽく見えたのは、

 

肉塊から吹き出した黄色くて小さい

脂肪の粒だったことも分かった。

 

俺は、まったくトマトが食えなくなった。

 

肉塊もそうだが、

 

あの棒付きキャンディーにかかった

トロリとした血が忘れられない・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ