山猟に鬼猿や食猿と呼ばれていたもの

猿

 

爺様に聞いた話。

 

爺様は御年93才。

 

20代から80を過ぎて足腰が弱るまで、

山の猟に出ていた。

 

猟といっても職業ではなく、

 

冬季の猟期のみ、

趣味と実益を兼ねてらしい。

 

その筋では結構有名な爺らしく、

20年近くも地元の猟友会長をやっていた。

 

彼岸に墓参りに帰った時、

洒落怖で気になった話を訊いてみた。

 

少しボケていたので

聞き取るのに非常に苦労したが、

 

そういうモノは”おった”との事。

 

そのモノを地元では、

 

『鬼猿(きさる)とか、

『食猿(くいざる)とか、

 

そう呼ばれていたらしい。

 

昔から、猟をする連中の間で

先輩から教えられている。

 

「ここいらだけでなく、

 

そんなものは山じゃあ

あっちこっちに居らあ」

 

と言っていた。

 

別に定期的というわけではないらしいが、

何年かおきに獲物が居なくなる地域がでる。

 

そんな山に入ると、

 

まず連れている猟犬が異常に怯えるので

何となく分かるという。

 

また、奴に近づくと、

 

獣臭とは明らかに違う、

血生臭さを感じる。

 

姿は大体が猿だが、

熊や猪の場合もある。

 

奴らは仲間でもなんでも皆食ってしまう。

 

そんな時にはすぐ山から出て、

そこら一帯の山は2~3年あきらめろ。

 

もし山に入っても、

 

そこで獲った獲物には触るな、

持ち帰るな、触ると移るぞ、

 

と爺様は教わったとの事。

 

爺様が実際にそれらしきモノに遭ったのは、

まだ40代の頃、猿だったという。

 

教えられた通り、犬は騒ぐし、

近くに獲物はおらず臭かったという。

 

近くに、普通より一回り大きい

挙動不審の猿がいて、

 

「これがそうか・・・」

 

と思った途端に怖くなって、

すぐ山を降りたそうだ。

 

「なんで猿なのか?」

 

と訊いてみたところ、

 

「猿は群れるから、

しばらく食う物に困んねえからかな」

 

と笑っていた。

 

爺様の所には今でも後輩から

猪や鹿、熊肉などが届けられていて、

 

たまには山の話が集まってくる。

 

60才くらいまでは、

 

どこの山に食猿が出たとかいう話が

ちらほらあったというが、

 

ここ30年ほどは、

全く話を聞かなくなったという。

 

これは爺様の推測だが、

 

「町の馬鹿な奴等が

連れてったんじゃねえか」

 

との事だった。

 

爺様の住む村も年々過疎化が進んでおり、

村の猟人口も減少する一方である。

 

それに反して、

村から出て行った者の伝(つて)で、

 

猟に参加させて欲しいという申し込みが

どんどん増えている。

 

詳しくは分からないが、

 

猟をするには地元の住民でも

各々テリトリー(なわばり)が決まっており、

 

地元住民と同行しなければ、

決して許可されないらしい。

 

最近は地元住民でさえ、

爺様連中の話は迷信と考え、

 

小馬鹿にしたような態度を取る者が

いるというのだから、

 

町の連中にこんな話をしないだろう。

 

話を知らない者が山に猟に入り、

散々獲物を探し回った挙句、

 

やっと獲物を見つけたとしたら

喜んで仕留めるだろう。

 

猿だったとしたら、

おそらく諦めるだろう。

 

爺様も、

 

「猿は人間に似ているから

撃ちたくないない」

 

と言っている。

 

だが、猪や熊だとしたら、

喜んで持って帰るんじゃないか?

 

「人間に移ったらどうなんの?」

 

と訊いたら、

 

「わしも見たわけじゃねえから分かんねえよ。

おんなじようになるって事だろ」

 

と言われた。

 

爺様としては山の中が静かになって

喜ばしいみたいだ。

 

これは、『キヒサル』という話と

同じようなものだと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ