どうしても切れなかった木

木

 

これは、知り合いから聞いた奇妙な話。

 

地元の峠道を整備しようとした際、『どうしても切れなかった木』があったという。

 

切ろうとした作業員が怪我をしたり、工具や機械が突然動かなくなったりして、結局は皆が近寄るのを嫌がるようになり、放っておかれることになったのだと。

 

他は真っすぐに敷き直された道が、そこだけ木を回り込むように変なカーブを描いているのは、そういった理由かららしい。

 

彼はその工事現場へ資材を運びに行った折りに、その木を見たそうだ。

 

「そしたらな、ぼんやりやけど見えたんや。木の上にでっかい猿みたいな、だけど透き通った”何か”がおった」

 

慌てて見えない風を装い、資材を手早く降ろして現場を後にする。

 

「あんなモンが居てはるんじゃ、あの木はちょっと切れないやろうなぁ」

 

帰りの運転中、しみじみとそう思ったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ