遺族が一人増えていた

昔、花屋に勤めていた。

 

大概の花屋は葬儀屋と提携していて、

葬儀に生花を届け、終わると片づけに行く。

 

これと、県内外から注文された花の配達と、

他県への依頼を主な業務としている。

 

ある日、前日に飾った生花を

片づけに行った。

 

その告別式をしている家の前には、

小学生が大勢並んでいた。

(自宅でやっていた)

その数、50人前後。

 

不思議に思い、葬儀屋の人に聞くと、

仏様は12歳の女の子で、

長い闘病生活の末、亡くなったらしい。

 

祭壇にかわいい女の子が笑っている

遺影が飾られていた。

 

普段、葬式に仕事で出向いても

何とも思わなかったが・・・。

 

幼い遺影やショックで呆けている両親、

すすり泣いている姉妹二人やおじいさん、

顔をくしゃくしゃにして参拝する小学生達。

 

それを見ていたら涙がこみ上げてきた。 

棺を火葬場へ運ぶ時間が来た。

 

庭から参拝者や小学生達が出ていく。

堰を切ったように棺にすがりつく遺族。

 

「○○ちゃん!」

名前を叫ぶ両親、泣きじゃくる姉妹、

なぜかひたすら「ごめんね」と、

謝り続けるおじいさん。

 

俺は、歯を食いしばって涙を堪えていた。

(当時その葬儀屋は、なぜか現場では

泣いてはいけない事になっていた)

 

ふと隣を見ると、葬儀屋のIさんが

青い顔をして固まっている。

 

「どーかしたんすか?」

話しかけると、Iさんは目線の先に

アゴをしゃくった。

 

つられてそっちを見ると・・・。

遺族が一人増えていた。

 

女の子が三人いる。

 

遺族がすがりつく棺の向こうに、

遺影の女の子が立っている。

 

声もなく、顔をくしゃくしゃにして

泣いていた。

 

足下の遺族の方を向いている。

 

泣きながら、謝り続けるおじいさんを

見ているように思えた。

 

何が起こったのか理解できず、

その子を見つめたまま

身動きできなくなってしまった。

 

その子は何か、もどかしそうに

身をよじりながら、左右に首を振っていた。

 

ふと顔を上げ、Iさんと俺を見た。

 

悲しそうな顔で俺たちを見つめ、

左右に大きく首を振るとフッと消えた。

 

どうやらその子を見たのは

俺とIさんだけだったようだ。

 

Iさんは、たまにああいった物を見るらしい。

 

俺はそれまで見たことがなかっただけに、

まだ震えていた。

 

Iさんは、「あの子、じいさんに、

悪いのは、じいさんじゃないよとか

言いたかったのかなぁ」と言った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ