助手席から睨む奴

リアル厨房だったときの話。

(リアル厨房とは、幼稚な発言や

自分を誇張したり、自慢というような

行動を行う者を指す蔑称)

 

家からちょっと離れた古本屋からの帰り道、

徒歩でテクテク歩いていた。

 

車の通りは多いけど、

あんまり人は歩いていない田舎の道。

 

交差点で信号待ちをしていた俺は、

視線を感じてそちらを見ると・・・。

 

レッカー車のような車の後ろに、

4台ほど乗用車を乗せてるトラック

の上に積んだ赤い車の助手席から、

なんか俺を睨む奴がいたんだよ。

 

当時、ちょっとドキュンだった俺は、

思わず睨み返して、

そのまま信号が変わるまで

睨み合ってたと思う。

 

信号が変わって、

そのトラックが走り出したので

睨み合いもそこで終わり、

俺はしばらく動けなくなった。

 

その赤い車、半分がぐしゃぐしゃに

潰れてたのよ・・・。

 

角度的に、信号で走り出すまで

その部分が見えてなかったんだな・・・。

 

無論そんなとこに人が乗ってるわけないし、

しばらく真夏だったのに鳥肌立ってたよ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ